花粉症と風邪の見分け方、薬の違いは?
併用するのはダメ?

寒さが和らいでくると体がほぐれて気持ちも穏やかになりますが、花粉症に悩まされる人はそうはいきませんよね。
おまけに暖かくなってきたと思っても寒さがぶり返して風邪をひいてしまったような・・・なんだか症状も似ているしどう対処したらいいのでしょう。
そんな花粉症と風邪の症状や薬の違いについてご紹介です。症状に合った薬と対策で適切な処置を行い、悪化を防ぎましょう。

スポンサーリンク
  

花粉症と風の見分け方って?

まずは症状の特徴をチェックしてみましょう。
意外とそれぞれのに特徴があるので、区別がつくことがほとんどです。

発熱 花粉症:出ても微熱
    風邪:微熱~高熱

くしゃみ 花粉症:連続して何度も出る
      風邪:出ることはあるが、苦しくなるほど連続的ではない

 花粉症:目立って出ることはあまりない
   風邪:よくある症状のひとつ

鼻づまり 花粉症:症状がひどく、左右両方の鼻がつまることが多い
      風邪:両方同時につまることはまずない

目のかゆみ 花粉症:あり
       風邪:なし

喉の痛み 花粉症:ほとんどない
      風邪:あり

天気との関係 花粉症:晴れた日や風の強い日は症状がひどくなる
        風邪:天気は関係ない、常に症状はある

その他悪寒、嘔吐、下痢などは風邪の症状でよく起こりますが、花粉症ではまず考えられません。
一般的には上記に挙げたような症状が特徴的です。

また、家族にアレルギーを持っている人がいるか、ということも見分けるポイントのひとつです。
家族にアレルギー体質の人が多いと、自分もアレルギーを持っている可能性が高くなるので花粉症を疑ってもいいでしょう。
毎年同じ時期にだけ(例えば春先や秋口など)症状が出る、という場合も花粉症の可能性が高まります。

それでもどちらか分からない、症状をはっきりさせたい、そんなときは耳鼻咽喉科か内科を受診しましょう。
耳鼻咽喉科はその名の通り耳や鼻・咽喉のスペシャリストです。内科はアレルギー科が専門であるので、アレルギー性鼻炎だけではなく、気管支喘息などの可能性も併せて詳しく診てもらうことができます。

花粉症の薬と風邪薬は違うの?

原因となるのが花粉症は「アレルギー」、風邪は「ウイルス」なので、厳密には薬は同じではありません。
風邪薬の中には「総合薬」というものがありますが、どちらの症状か分からずに総合薬だから効果があるだろうとこれを飲んでも、花粉症に対しての効き目はほとんどありません。花粉症にはアレルギーの症状を抑える薬が適切です。
しかし、「鼻風邪用」の風邪薬では花粉症の症状を抑える効果が期待できます。
鼻水や鼻づまりは、症状を引き起こす原因は違っても、粘膜が炎症を起こして分泌液が出ている状態です。(これを鼻炎と言います)
鼻炎を抑える効果のある鼻風邪用の風邪薬は、花粉症の鼻水や鼻づまりの症状にも効果がある場合が多いのです。
しかし、長期的な風邪薬の服用は胃を痛める原因になることもあります。
花粉症に必要のない薬の成分も風邪薬には入っているので、無用な薬は控えるようにしましょう。
花粉症の症状は、風邪に比べて長期的な薬の服用が必要な場合が多く、なるべく鼻炎薬の服用がよいでしょう。

スポンサーリンク

花粉症の薬には「抗ヒスタミン効果」のある成分が含まれており、風邪薬でも「抗ヒスタミン効果」成分が含まれているものであれば、双方に効果が期待できます。
ドラッグストアなどで薬剤師の方に相談してみるといいでしょう。

花粉症の薬と風邪薬の併用はOK?

どちらの症状か分からないからと、両方の薬を併用すると、抗ヒスタミン薬や血管収縮薬によって血中濃度が上がり、副作用を生じるかもしれませんので避けるようにしましょう。
成分が同じものも含まれているので、過剰摂取になる場合もあります。
例えば、花粉症の市販薬にも風邪薬の市販薬にも、眠気の副作用がある薬が多いですが、これらが薬の併用によって強まり、異常に眠気に襲われることがあります。日常生活で車の運転などをする人は特に注意が必要です。

市販で売られている花粉症の薬で第一世代のもの(効き目が強いものと思ってください)は、よく効く分副作用も強く、風邪薬の解熱剤と併用すると頭痛や嘔吐、下痢がひどくなったり、脳への悪影響も考えられるので、服用する際は必ず医師か薬剤師の方に相談するようにしましょう。
近年では、第二世代と言われるもう少しマイルドな眠気の副作用の少ない花粉症の薬が誕生していますが、眠気の副作用がゼロではありませんので、薬の飲み合わせはNGです。

どちらか判断できかねる場合は鼻風邪用の風邪薬を飲んで様子を見るのがいいでしょう。
花粉症の鼻水、鼻づまりを緩和してくれる効果も期待できますし、基本的には風邪を先に治す方が優先的です。
しかし、花粉症薬を服用している人が風邪薬を服用するときには注意が必要です。
花粉症の薬を服用してから12時間(1日2回服用する薬)もしくは24時間(1日1回服用する薬)の時間を空けて風邪薬を服用することが大切です。

いずれにしても薬の飲み合わせに関しては、自分で勝手に判断せずに、リスクや症状の悪化を防ぐためにも医師か薬剤師の方に必ず相談しましょう。

まとめ

花粉症に風邪、暖かくなる時期は紛らわしいですが、症状を注意深く振り返って適切な処置を行いましょう。
薬は薬局で売られているから大丈夫、と思い込まずに、購入する際は薬剤師の方に現在の症状と、買おうと思っている薬について伝えるとよいでしょう。プロからのアドバイスをもらうことで、薬を安心して飲むことができますよ。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です