卒園式のママの服装、髪型、
アクセサリーを一気にチェック!

今年も門出を祝う季節を迎えようとしています。
入園式よりも厳格な印象の卒園式。特に初めてのお子さんの卒園式だと、どんな服装や髪形が適切なのか判断がつきにくいですよね。
上品にいきたいけれど主役はあくまでも子どもだし、もちろん他の保護者の目も気になるところ。
どんなコーディネートがTPOを弁え、かつ好印象なものなのかチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
  

卒園式のママの服装ってどんなかんじ?

園によってブラックフォーマルが常識、というところや地域にも差があったり、意外とフリーでフォーマルにこだわりすぎず、地味目に抑えつつもオシャレなスタイルで決めてくるママの多い園もあるようです。

黒のスーツは確かに無難でおすすめですが、一歩間違えると喪服を着用しているように見えてしまいます。
黒スーツの場合は、すべてが真っ黒にならないよう、後程ご紹介するコサージュやネックレスなどを活用してアクセントをつけましょう。
近頃は、ネイビーやグレーのスーツやワンピースも人気ですよ。
年々堅苦しいメージではなくなってきている傾向ですが、厳格な私立の幼稚園などの場合、保護者全員が礼服(慶事用ブラックフォーマル)で参加することもあるようです。しかし多くの園ではそこまでかしこまっていないケースばかり。
ただ、別れの行事なので、若いママでもはしゃぎすぎず、落ち着いた色味の服装を選ぶようにしましょう。
最近はスカートが2枚セットになったスーツがお手頃価格で手に入るので、入園式と兼用できるように購入するのもいいでしょう。

インナーは、奇抜な色でなく、優しい色や落ち着いた色なら、色物でも問題ありません。フリル付きデザインや光沢ある素材をもってきて、顔まわりを明るくするなどの写真うつりを気にしたもので差をつけるのもいいでしょう。
保育園や幼稚園の卒園式は、小さな子どもたちのこれからを祝うので、厳かでありながらも、比較的明るい式典のイメージ。
式を迎えるママたちもまだ若く、ファッション性のあるスーツスタイルで参加する姿も見かけます。
しかし園によってママの年齢層や式の意味、雰囲気も変わってきますので、例年どのようなスタイルが多いのか情報を集めておくのは必須ですね。
子どもたちの服装が自由な場合はママのコーデはカジュアル傾向。ホワイト、アイボリー、ベージュなどの明るいスーツを着用するママの比率が高くなります。

卒園式、ママは髪型にもこだわっている!

清潔感+品のある 髪型が理想ですよね。盛りすぎは絶対にNGです。
分かっちゃいるけどどうすれば・・・

抑えておきたいポイントは、

・派手になりすぎない
あくまでもお子さんが主役のイベントです。
披露宴に参加するときのような「美容院に行ってやってもらいました!」感のある髪型は避けましょう。

・ヘアスタイリング剤・ヘアワックスなどをつけておく
セット前に霧状のスタイリング剤、ヘアワックスなどをつけておきましょう。特にうなじ付近の見えない部分やサイドがしっかりまとまりますし、ツヤも出てぼさぼさ印象になりません。

・コテなどでカールしておこう
普段使わなくて面倒かもしれませんが、コテでゆるめにカールしておくと仕上がりに差が出ます。
まとめたときに上品で華やかさが出ますよ。

・ヘアアクセを活用しよう
上品で可愛らしさのあるリボンバレッタがおすすめ!パールのおとなしめのピンなど、1つ持っておけば
今後の学校行事でも重宝するでしょう。

今回はあれこれ紹介せずにおすすめの技をひとつだけ。
それは「くるりんぱ」です。聞いたことある人がほとんどだと思います。
一度結んでから結び目の上の部分を半分に分け、そこにもう一度毛先の方を入れ込みます。
トップを少しくしゅくしゅさせることでほどよいゆるふわ感も出てお手軽だし利用しない手はないと思います(笑)

1分でわかる!不器用な人でも安心☆くるりんぱだけでできちゃう!ボブハーフアップアレンジ☆

スポンサーリンク

短めの髪でもロングでも応用可能です。
是非試してみてください。

卒園式にママはどんなアクセサリーをつける?

アクセサリーや小物類についてもチェックしておきたいところ。

定番のコサージュは一気に華やかな装いとなり素敵です。子どももより一層ハレの日の気分が高まるようで喜んでくれるでしょう。
おそろいでつけてみるのもお互いより気持ちが引き締まりますね。
薄めの明るい色、ピンクやイエローなどだと春らしく優しくて柔らかい印象、ブルーやスーツに合わせたグレーだと、クールでシャープなハンサムママのイメージです。前者にはパールのネックレス、後者は飾りの少ないロングネックレスが合うでしょう。
ストールやスカーフを使うと全身が引き締まるし肌寒かったときの寒さ対策にもなりますね。

ピアスをするママは小ぶりのものをチョイスしましょう。おすすめはパールのもの。卒園式ではなく、入園式、入学式、卒業式と長く重宝すること間違いなし。顔周りも一気に華やぎます。

卒園式の手持ちバッグに決まりはありませんが、自由だからこそ難しいところ。当日着用するスーツやアンサンブルに合わせて、フォーマルなタイプを選びましょう。
もちろん貴重品が入るよう最低限の大きさは必要です。カメラやビデオを持っていく予定のママはそれも考慮して。
式典後は記念品やプリントとが配られるので、少し大きめのトートバッグやボストンバッグを活用するママもいます。バッグが小さい場合はセカンドバッグを合わせて持って行くとよいでしょう。
いずれにしても、ブランドのロゴが全面に出ているようなものは避け、落ち着いたシンプルなものをセレクトしましょう。

靴はパンプスがベター。本来フォーマルな場では、3センチ以上のヒールがマナーだそうですが、ヒールがありすぎるのもかえって印象がよくありません。小さな年下の兄弟姉妹を連れていたり、妊娠中のママもいるかもしれません。
堅苦しいことは抜きで実用的なものを選んでください。もちろんこちらも派手なものは×です。
好みに応じてバックベルトタイプや、オープントゥなど、色々楽しめますよ。
そして、ストッキングは、ヌードベージュが基本形。まだ寒い季節ですがコートやひざ掛けを持って行くなどして寒さを凌ぎましょう。タイツは避けるのが基本です。

まとめ

スーツが決まっただけではほっとできない卒園式のファッション。服装に合った髪型とアクセサリー選びで控えめでありつつも好印象を与えるスタイルでいきたいですね。パパとママもオシャレをして気持ちをシャキッとさせると子どもさんも喜んでくれるでしょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です