職場でのホワイトデー、
義理チョコへのお返しと渡し方

3月14日はホワイトデー。なんでわざわざこんな日を作るんだと悩まされる男性も多いことでしょう。
好きな女の子にバレンタインのチョコを貰ったのならお返しを考えるのもわくわくするのですが、職場でもらった義理チョコへのお返しはどうしたものか・・・そんな悩みのヒントを是非ここで見つけていってください。

スポンサーリンク
  

職場でのホワイトデー、義理チョコをもらったのなら・・・

職場でバレンタインデーに義理チョコを貰ったはいいけど、ホワイトデーは憂鬱。義理チョコをくれた女性たちは「普段お世話になっているのでお返しはいりませんよ」と言いつつ、何もしないのはケチだと思われたり、常識的に考えてどうなのだろう・・・
職場って同じ部署なら週に5日、しかも1日のうち約8時間も同じ場所にいるのですから、相手に気がないとは言ってもこんなことで嫌われたらいけないという気持ちが働いて、どうしようか悩みますよね。
さらに厄介なのが、毎年同じ人にお返しをしないといけないこと。
「今年もこれかぁ」「いつもセンスないな・・・」なんて思われたくもないし、世の男性陣は頭を抱えています。
こういう風習がなくなるのが一番いいのかもしれませんが(笑)
「お返しはいらない」と言われても、やはり貰ったいじょうは何かを返すのが大人のマナー。好きな相手でなくてもお返しを渡す方が職場内の円滑な関係をつくっていけるでしょう。

職場でもらった義理チョコ、ホワイトデーのお返しは何がいい?

貰った相手の年齢(勤続年数)、旦那様の年齢、それぞれの性格や好みなどが関係してきますから、一概にこれが正解というのはありません。
金額としては貰ったものと同じ位が相手を喜ばせすぎず、がっかりさせすぎず、無難と言えます。
高価なお返しをする人もいるようですが、女性同士で「○○さんは良いお返しをくれた♪」と話したりするので、翌年からもそれ相応のものが当たり前と思われてしまいます。

相手は女性ですし、やはり甘い物をお返しするのが間違いありません。
スイーツは食べてしまうとなくなるのが最大の魅力です。
注意点としては、個包装になっていないもの、また包装されていないままのもの、さらに賞味期限が極端に短いものは避けるようにしましょう。
もうひとつ、箱詰めのお菓子を「みなさんで分けてください」というのもなるべく避けるように。簡単に済ませられて女性に対して平等に配ることはできても、旅行先のお土産ではないのですから、せっかくチョコを選んでくれた女性たちに手抜きだと思われても仕方ありません。

ホワイトデーのお返しで使われる定番のお菓子の中には、「バレンタインの返事」の意味があるそうです。

・マシュマロ(あなたが嫌い)
・クッキー(友達のままでいよう)
・キャンディ(私もあなたが好き!)

あくまでも都市伝説のような噂話程度という捉え方でいいと思いますが、知っていて損はないですね。
マシュマロは意外と好き嫌いが分かれるお菓子なので、女性の好みが分からない場合は控えた方が無難です。

安くても量がある方が嬉しい、という人もいますが、お返しには、圧倒的に「量より質」を求めている女性が多いです。よく分からない人はデパ地下に入っているなんとなく聞いたことのあるお店をチェックしておくといいでしょう。

洋菓子に紅茶やハーブティーがセットになったものもあり、こちらも喜ばれます。コーヒーが好きな人には少し高給なコーヒーもセットで渡すと休憩時間に一息つけるし、気の利いたお返しだと思ってもらえます。

スポンサーリンク

マカロンなんかもいいですね。普段自分用に買う人は少ないので、誰かにプレゼントされると嬉しいものです。
見た目もいかにも女性が喜びそうな形と色合いでとってもキュートです。
また、あまり日持ちがしないのが少し気がかりですが、和菓子のお返しというのも渋くて素敵です。
他の男性陣と差をつけ、意外性があるので印象的です。
高給調味料なんかも面白いです。食べてなくなる「消えもの」であるなら、スイーツに拘る必要はなく、相手の好みが分かっていれば、それに合わせてチョイスするのがいいでしょう。

職場でのホワイトデー、お返しの渡し方

義理チョコに対してお返しをしない、という男性も最近ではちらほら出てきています。そうなってくると、義理チョコのお返しが渡しづらくなってしまいますね。

特別な渡し方さえしなければ、誤解を招いたり、後々面倒なことにならなくて済むはずです。
特別なこととは、個別に呼び出して渡したり、長々とメッセージカードを添えたり、誤解されたくないと意識するあまりもじもじしてしまったり、テンションが高くなってしまったり・・・
これらは変な期待を持たせてしまうばかりか、ちょっと気持ち悪いと思われる可能性もあります。

今後の人間関係を円滑にするためにも、お返しはみんな同じものを贈りましょう。ちょっとでも不平等があると(特に金銭的な)、今後思わぬトラブルに発展するかもしれません。
そして渡すのは、業務時間外となるお昼休みがベストタイミングと言えます。突然お返しを渡すことは業務の妨げになってしまいますし、仕事への集中力もなくなってしまいます。渡すときはタイミングを見計らうことが重要です。仕事が終わってからも業務時間外ですが、相手が急いでいるなどの可能性も考慮するとやはりお昼休みがベストです。
個別にお返しを渡す場合は、みんながいる前で渡しましょう。これなら「私だけ貰っていない」といった渡し損ねの心配もなくなるし、特別にしているのではないというアピールにもなります。
風邪などで席を外している人がいたら、そっと机の上に置いておくといいですね。「お疲れ様!」と一緒に名前を書いた付箋を貼っておけばスマートです。
渡す時にはお礼や感謝の気持ちを一言添えるのも忘れずに。「これ、チョコレートのお返し」「この前はチョコありがとね」「いつもお疲れ様」など、さらっと言えると印象がぐんと良くなります。

まとめ

義理チョコを渡した女性の心理からすると、ホワイトデーのお返しは期待していない、高額なものを貰っても気を遣ってしまう、でもまったく何もなかったり、明らかに安物や興ざめするようなものを貰ってもがっかりしてしまいます。女性ってそういう生き物なんですね・・・
バレンタインデーと同じように、職場内のコミュニケーションとして楽しむ程度の気持ちで、気を張り過ぎずに大人の対応を見せましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です