冬の静電気の原因は体質にあり?
どんな予防法があるの?

寒い季節になるにつれ、パチッという静電気にびくびくしながらドアを開け閉めするようになりませんか。
夏場はそうでもないのに、冬になるとあの指先の痛みが鬱陶しいですよね。
そんな静電気が起こる原因と、びくびくイライラしなくてもよくなる予防法について今回はご紹介します。

スポンサーリンク
  

冬に多い静電気の原因って?

乾燥していると静電気は起きやすい状態にある、というのは身をもって体感している人も多いはず。
冬に静電気に悩まされるのは、静電気の起きやすい環境条件を満たしているからです。
そして、静電気は性質上、狭い場所に集中しやすく、髪の毛や指先がそれにあたります。だから「冬はドアノブが怖い」と感じてしまいます。
体のいろいろな場所に分散していた静電気が、ドアノブに指先を近づけることで、手の中でもより狭い指先に集中し、高電圧の静電気になってパチッと痛みを感じます。
また、放電する際はそこに「痛点」があります。
よってドアノブを手が触る前に体内から電気を逃し、痛点をなくしてしまえば痛みを感じないでドアノブを握ることが出来るようになります。のちほど詳しく紹介します。

空気の乾燥もそうですが、私たちが乾燥肌の状態であると、これも静電気が起こりやすい条件となります。
湿度と肌表面の水分、それらがある程度潤っていれば、水分を使って電気が空気中に自然放電されるので、体内に電気をため込みにくいのです。つまり、乾燥肌の人の場合は、自然放電できず帯電してしまいやすいので常に電気が体に潜んでいる状態と言えます。
しかし「帯電しやすい体質だから」と諦めて痛みに怯えながら過ごす必要はありません。静電気を起こさないように工夫して生活することは可能です。これものちほど詳しく触れます。

もう一つの原因として、体内のイオンバランスが崩れていることが挙げられます。
体が酸性化し、プラスの電気に偏った状態になっているため、そのバランスをとろうとしてマイナスの電気を呼び寄せてしまうのです。そのときにマイナスの電気が金属などの方から移動してきてあの痛みを感じてしまうのです。
これも生活習慣を見直すことで改善が期待できます。

冬の静電気、バチバチくるのは体質のせい?

上記でも述べましたが、「自分は静電気体質だ」と思っている人は乾燥肌であるケースが多いです。
冬の空気も乾燥、自分も乾燥肌、これだと水分を使って電気が放電できないのでバチバチきてしまいますね。
また、静電気に悩んでいる人に多い共通の悩みに、肩こり、腰痛、冷え症、手首や足首の関節の痛みなども挙げられ、血液の濃度も濃い傾向にあります。このように体内のめぐりの悪さが関係していると考えられるのです。
体は健康であれば弱アルカリ性の状態にありますが、めぐりが悪いと悪質である酸性の状態になってしまいます。
静電気が起こりやすいというのは、体内のバランスが崩れてきている、という体のサインなのかもしれません。
酸性化した体はプラスの状態にあるため、マイナスの電気を呼び寄せる、「静電気体質」と思っている人は静電気に襲われているのではなく、実は自らが招いていたのです

冬の静電気、こんなことで予防できる!

静電気を完全に取り除くことはできませんが、ちょっとした工夫や生活習慣を見直すことによって大幅な改善が見込めます。

まずは静電気が来そうなモノに触る前に放電して静電気が起きる環境を作らないことです。
始めに述べたドアノブの例で言うと、ドアノブを触る前に鉄製品以外のモノを触り、体内の電気を放電してしまいます。
これは車に乗ったり降りたりする場合も使えます。乗る前にはコンクリートなどを触って放電しておく。降りるときは、両足を地面におろしてから腰を動かします。そのとき、車のドアの金属部分を触っておきます。触ったまま腰をシートから完全に離すとバチンときません。
普通に降りてしまうと、身体には静電気が溜まったままになり、車の電位と差があるため、ドアを閉める際に触れるとバチンときます。
自分が降りてしまうまで車のボディーに触れていると、身体と車の電位は同じままで、プラスやマイナスの電気を呼び寄せる必要がないので静電気は起きないのです。

スポンサーリンク

常に体に電気を溜めないために、室内にいるときは適度に湿度を保つことも心がけるとよいでしょう。一般的には部屋の湿度は50%前後が適切です。
衣服を脱ぐときは、霧吹きなどで脱ごうとしている衣服を軽く湿らせてから脱ぐなどすると、静電気が体にほとんど溜まりません。
また、衣服と衣服、または衣服と肌が離れることで静電気が起きているのですから、ナイロン、レーヨン、ポリエステルなどの化繊の衣類を避け、天然繊維でできているものにするなどして、静電気を予防することもできます。
手を洗って湿らせたり、こまめに化粧水などで水分を補うことも効果があります。

生活習慣の見直しとしては、体内のめぐりをサポートする食材の青魚、玉ねぎ、ナッツ類、わかめなどの海藻類や納豆を摂取することが効果的です。スナック菓子やジュース、ファストフードなどの摂取は控えましょう。タバコやお酒も見直したいところ。
また、ストレスを溜めたり、運動不足になりがちな人も注意が必要です。
積極的に体内のイオンバランスの調整をサポートするものを取り込むのもよいでしょう。
ミネラルが豊富な硬水のミネラルウォーター、ルイボスティーや麦茶、とうもろこしのヒゲ茶などがおすすめです。
ミネラルは体内に入ると水に溶けてイオンになり、静電気を中和する働きがあります。

以上のことに気を付けた上でグッズを活用するとさらなる予防につながります。
この時期にドラッグストアやコンビニなどでよく目にするのが静電気除去ゴムです。
ヘアゴムのようなモノで、静電気除去の繊維が織り交ぜてあります。身に付けているだけで自然に放電してくれるのでお手軽です。
乾燥させないために手にハンドクリームを塗る方法がありますが、静電気を防ぐハンドクリームというのも昨今ではドラッグストアで手に入れることができます。
他にもお手軽で低コストなものを挙げると、静電気防止スプレー、静電気防止シート、静電気防止キーホルダーなどがあります。
どれもかさ張るものではないので持ち歩いたり身に付けたりするのに抵抗がない人がほとんどだと思います。

乾燥を防ぐ、体内のめぐりをよくする、グッズを活用する、これらを実行して静電気とは無縁の冬を過ごしたいですね。

まとめ

いかがでしょうか。日常生活で静電気にびくびくしながら過ごすのはストレスですよね。少し意識を変えるだけであの「バチン」という痛みとサヨナラするのは難しいことではありません。生活の中のちょっとした工夫と生活習慣の見直しで、静電気を気にしなくていい快適な冬を過ごしましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です