赤ちゃんの乾燥、
冬は特にお肌をしっかりケアしてあげよう

「赤ちゃんのようなつるつるのお肌」と例えられるくらい、小さい子のお肌はもちもちつるつるのイメージが持たれています。
でもうちの子は寒くなるにつれ、カサカサしたほっぺになっていく、私のケアに問題があるのかな?と、悩んでいるママも意外と多いもの。今回は赤ちゃんの乾燥肌に対する対策とケアの方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんの乾燥、冬は要注意!

夏場はアセモで悩まされてやっとよくなったと思っていたら、寒くなってくると今度はカサカサお肌に…。
赤ちゃんのお肌はとても敏感です。
冬場は大人の肌も乾燥しますよね。それは赤ちゃんも同じです。
冬になるとよく見かける、ぷっくりと赤いほっぺの赤ちゃんは思わず頬ずりしたくなる可愛さですが、実はあの赤いほっぺは、お肌の乾燥からくる肌荒れの初期症状なのです。そのまま何もせずにいると、さらに肌荒れが悪化して、かゆくてかきむしり、ひどい場合は膿んでしまったり血が出たりと可哀想なことになってしまう場合もあります。
特にねんねの時間、寝室に暖房を入れて暖かくしているご家庭も多いでしょうが、温度だけでなく、湿度にも気を配らないと、赤ちゃんのお肌をさらに乾燥させてしまします。
部屋の温度や湿度の管理、そして赤ちゃんのお肌に優しいものを使って、きちんと保湿、スキンケアをしてあげましょう。

赤ちゃんの乾燥、お肌の状態はどうなっているの?

赤ちゃんの肌が水分・皮脂共にうるおいたっぷりなのは実は新生児期のみです。
生後2ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの肌の皮脂量は大人の1/2以下、水分量は2/3になると言われています。その上とても汗っかきで代謝が活発。
つまり、潤っているように見える赤ちゃんですが、大人の私たちよりもずっと乾燥した状態のお肌なんです。
まだまだバリア機能も未熟なため、少ない水分が蒸発しやすく、余計に乾燥肌になりがちです。そうなると、外からの刺激にも敏感になるため、お肌は荒れやすくなります。よだれの量が多く、口周りが乾燥しやすい傾向にあるのも赤ちゃんならでは。
乾燥肌になると表皮のすき間から細菌やウィルスが侵入して感染症にかかりやすくなります。
また、ハウスダストなどのアレルゲンが体内に侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎のようなアレルギー体質になってしまう可能性もあります。このようにならない為にも、赤ちゃんの皮膚を保湿し清潔な状態を保つようにしましょう。

子どもは日々成長し、それに伴い肌の質も変わってきます。以前から使っていて何ともなかった保湿剤がずっと肌に合ったまま使用できるかと言えば、異常を訴える場合もあります。そういった変化も見逃さないようにしてあげたいですね。
肌の状態や水分量も異なるため、大人と同じではなく、その時々の赤ちゃんに合った保湿対策が必要と言えます。

赤ちゃんの乾燥のケア

最も大切なことは「清潔」、「保湿」、この2点です。

よだれはまめに拭いて清潔にしてあげましょう。特に食事の時などは顔や手が汚れがちです。そんなときは濡らしたタオルなどでやさしく拭きとってからローションを塗ってあげるといいでしょう。
石鹸で洗う時は赤ちゃん用の低刺激のものをたっぷりと泡立てて優しく丁寧に洗いましょう。泡ででてくるタイプのボディーソープもありますよね。これなら泡で優しく汚れを包んで落とせますし、赤ちゃんを片手にせっけんを泡立てる必要がないので便利です。
皮脂を落とし過ぎないように、でも泡で汚れはきちんと落としてあげましょう。
その後はすぐさま保湿です。
入浴後、10分を過ぎると肌の水分量は急激に低下します。肌に水分がまだ十分に残っている内に保湿して、水分を肌にとどめておくことが大切です。これは大人も同じですね。目安は5分以内です。
乾燥しやすいほっぺを含む顔はもちろん、耳の裏や首、しわの奥まで丁寧に塗りましょう。一見乾燥していないように見える脇の下や指の間も忘れずに。
意外と知られていませんが、保湿剤はあまり厚く塗ると皮膚に蓋をした状態になり新陳代謝を阻害し、かえって肌荒れの原因になるので、薄く塗ることを心がけてください。1回でたっぷりではなく、薄くこまめに塗ってあげる方が有効です。
もちろんなるべく刺激が少ないものを使ってあげましょう。子供用ワセリンやベビーオイル、ベビーローションといった「赤ちゃん用」を銘打ったものがドラッグストアで簡単に入手できます。
ローション、オイル、クリーム等、様々な保湿方法がありますが、好みやお子さんに合ったものを選んであげましょう。
ローションはさらさらしていますが、潤いをキープできているのか不安、ワセリンや馬油はバリア効果が高いけれどベタベタしていて好きではない、等実際に使用してみて分かってくることも多いので、こだわりを持たずに色々試してみるといいでしょう。
ドラッグストアの薬剤師さんに処方されたクリームを見せたり、気になる保湿剤の相談をしてみると案外情報をくれたりするので質問してみるのもいいですね。
手軽に手作りできるものもありますよ。
精製水にグリセリンを5~10%の濃度になるように薄めてローションとして使用します。どちらもドラッグストアで安く手に入ります。
また、シアバターとホホバオイルを2:1の割合でマグカップなどに入れ、湯煎して混ぜて使う方法もおすすめです。こちらも簡単に手に入りますね。
どちらも家族で使えて余計なものが入っていないため安心して使用できます。小さな容器に入れて持ち歩くこともでき、使い勝手もいいので是非試してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

そして肌触りのいい衣類を着用してあげましょう。肌着はコットン素材のものがおすすめです。

最後に気を付けたいのは湿度です。室内の環境は赤ちゃんが大部分を過ごす場所となりますから、乾燥のしすぎに注意しましょう。湿度が50%以上となるように加湿器などでうまく調節できるといいですね。室内の水分量が多ければ、肌の水分量が奪われるのを抑えられます。
加湿器がない場合は濡れタオルを数枚ハンガーにかけて干しておくと、そこから水分がゆっくり蒸発するため、加湿に役立ちます。我が家も毎日しています。
また、お湯の入ったボウルを部屋に置いておくのも簡単な方法です。ラベンダー等のリラックス効果のあるアロマオイルを数滴垂らしておくと、加湿とともに安眠効果も期待できます。
観葉植物を置いたり、フローリングの部屋であれば水拭きをしたりなども、乾燥対策になります。

上記のような対策やケアをしても肌荒れがよくならない場合、また、異常に赤くなったり膿んでしまったり、赤ちゃんが泣いてかきむしっているような場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

まとめ

柔らかな赤ちゃんの肌が乾燥してカサカサになったり、赤く荒れてしまったりするのは見ていて痛々しく感じてしまいますよね。
最適なスキンケアを見つけるのには時間がかかるかもしれませんが、赤ちゃんのお肌は十人十色。時間をかければだんだんとよくなることがほとんどです。
お風呂上りや朝の着替えのときなど、ママの手でしっかりと温めたローションやクリームで、スキンシップを兼ねて赤ちゃんを保湿してあげましょう。
可愛い我が子とのコミュニケーションもとれて、保湿の時間がお互いのリラックスタイムにつながることでしょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です