冬の自転車、子どもの防寒はどうする?
あったかグッズを活用しよう!

子育ての必須アイテム電動自転車。子どもや荷物を乗せてスイスイ走れるので大変便利です。
自転車がメインの移動手段というママは多いですね。
我が家も毎日愛用しています。
子どもを自転車に乗せている場合には、冬場はどうしても寒さ対策が必要になります。
今回は自転車に乗る際の子どもの防寒対策と便利グッズのご紹介です。

スポンサーリンク
  

冬の自転車、子どもはめちゃ寒!!

寒い季節には二の足を踏んでしまいますが、子どもを外に出さないわけにはいきません。
自分は自転車をこいでいるので、徐々に体が温まってきますが、後ろや前に乗せている子どもは寒さに震えていないかと心配になってしまいますよね。
まだ小さい赤ちゃんから2歳ぐらいまでのお子さんは、目が届く前乗せを利用する人がほとんどですが、冬場はすごく寒い位置です。
動いていないのに風を全面に浴びることになるので、防寒対策はしっかりとしてあげましょう。
体をすっぽりと包み込む防寒対策をとっているママをよく見かけます。まだじたばたと動けない時期のお子さんにはおすすめの対策法です。
2歳以降、長く使うのは後ろ乗せのチャイルドシート。ママの背中で多少風を浴びずに済みますが、こちらも座っているだけなので防寒対策を怠るわけにはいきません。言葉が多く出てくる時期でもあるので「寒い」という意思表示を見逃さないように。
どこが冷えるのか、どんな防寒対策なら体を締め付けずに快適なのか、本人の意見も聞いてみましょう。
子ども乗せ自転車用防寒グッズには様々な種類があり、どれを利用しようか迷ってしまいます。
自転車に乗る時間帯や走行距離、上記で述べたように前に乗せるか後ろに乗せるか、また地域によって、防寒の度合いも変わります。
子どもによってはせっかく用意した防寒対策やグッズを嫌がって身に付けてくれなかったり座ってくれなかったり。
事前リサーチと我が子との相談をしっかりして、それぞれの生活スタイルや用途に合わせて子ども乗せ自転車用防寒グッズを選びましょう。

冬の自転車の防寒対策

何と言っても保温性の良い風を通さない素材のものを選んであげましょう。特に寒暖の差が激しいところでは着脱しやすい機能性も重視したいところ。
自転車用としてスキーウェア(繋がってる物)を着せる方法はおすすめです。その際はフード付きのものだと尚良いでしょう。多少の雨ならフードを被ってしまえば凌げますし、風も入らないので、急いでいてその中は肌着とトレーナーのみでも間に合います。
首元、手先、足先ももちろん気を付けたいポイントです。小さな子どもの手先や足先は冬場は冷たいのが通常ですが、直接風があたるようなことはできたら避けたいですね。それらの隙間から冷たい風の侵入を防ぐためにもガードしてあげましょう。
ただ、首元を守るためのマフラーは要注意です。自転車のタイヤに絡まってしまう危険性があるからです。
首元にはネックウォーマーやタートルネックの方がおすすめです。
本格的に寒くなってくると耳も痛いくらいに冷たくなってくるので、晒されないよう対策をしたいところですが、お子さんにヘルメットを被せている人がほとんどだと思います。(国の努力義務でもあります)
ヘルメットを被ったまま着用が可能なイヤーカフも最近見かけますが、種類は少なく、ネットでは売り切れになっているのをよく見かけます。
生地とマジックテープ、ゴムがあれば簡単に作ることができるので、オリジナルのものを手作りしてあげるのもおすすめです。
手作りイヤーマフ紹介のページ

スポンサーリンク

冬の自転車、防寒グッズを活用しよう!

首元を守るマフラーやネックウォーマー、手作を守る手袋、耳を守るイヤーカフ、足元を守るブランケット等様々ですが、お子さんの全身をすっぽりと覆ってしまう簡単防寒グッズも人気です。
自転車用のポンチョ、自転車用ブランケット(プールのときに子どもが利用する型巻きタオルのような形で首から下を防寒)、チャイルドシート用の防寒カバー等です。どれも長めに作られているので首から足元まで全身を覆ってくれます。
シートにセットして子どもを乗せ、一気にガード出来るのでとても便利です。
価格も4000円程度で手に入るものもありますし、あれもこれも色々な防寒グッズを買う必要もないので、お手軽なものを探しているママにもおすすめです。
もう一つ全身をすっぽり覆えるグッズでレインカバーが挙げられます。見たことがある人も多いと思います。
これは雨風が凌げるので急な悪天候でも重宝します。ブランケットをかけてあげる等の工夫をすればかなり暖かくなりますよ。
ただし要注意なのは風が強いとき。風によって自転車があおられる可能性が高く、ハンドルが取られるかもしれない恐怖を味わわなくてはなりません。どうしても息苦しくなる可能性もあるし、検討する際は慎重に。

抱っこ紐に使っているケープやマントは自転車の防寒にも使えます。もし使用していないものがあれば、マジックテープを付ける等簡単にひと手間を加えてリメイクしてみるのもいいでしょう。

自転車を漕ぐママもしっかりと防寒対策をしましょう。
真冬の手袋は必須ですが、厚手のスキー用は慣れないとハンドルやレバー操作に違和感を感じるかもしれませんので注意してください。
思い切ってハンドルカバーを着けるのも手かもしれません。
子ども用の防寒カバーにハンドルカバーが一体型になったものもあるので両方欲しい人はチェックしてみてください。

まとめ

寒い冬は外へ出るのが億劫になりがちですが、しっかりと防寒対策をして、ぬくぬくでお出かけしましょう。
お気に入りのあったかグッズで自転車に乗るのが楽しくなりますよ。
一度購入したり、作ってしまえば長く使えるものばかりなので、なるべく寒さを防いで快適な自転車生活を送りましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です