寒さ対策どうしてる?
部屋、窓、おすすめグッズも紹介

寒い季節がやってきました。
とっても美しい季節ですが、何をするにも手足が悴んで億劫になってしまいますね。
そんな凍える冬の寒さが好きな人も嫌いな人も、みなさんどうやってこの寒さを乗り越えていますか?
今回はそんなヒントをご紹介します。

スポンサーリンク
  

寒さ対策は万全?部屋での防寒

まず、当たり前すぎると思われるかもしれませんが、なるべく暖かい服をたくさん着ましょう。
服を一枚羽織るだけで断然体感温度が変わります。
あまり着込みすぎるとごわごわしてしまいますので、動きやすい程度で家事などをして体を積極的に動かすのも効果的です。
天気の良い日は、カーテンを開けて日の光を入れてみましょう。
部屋の中にいると風がシャットアウトされているので、お日様の光の暖かさを感じられます。
そして夕方は早めに分厚めのカーテンを閉めて冷気をなるべく入れないようにするといいでしょう。
もし雨戸のあるお家なら積極的に活用しましょう。格段の差が生まれます。
フローリングにはカーペットやラグなどを敷くだけでも全然違います。
フローリングの上に直接置くよりも避難用の保温シート(100均で購入可能)の上に敷くと効果は何倍にもなります。
小さいお子さんがお家にいる人は子ども用のパズルマットを利用するのもいいですね。冬はその上にカーペットを敷くと小さなお子さんも寒くないでしょう。
日頃使う部屋(リビング等)と使用頻度の低い部屋(寝室や物置部屋等)にはドアで仕切りをしましょう。仕切りがない場合はカーテンをつけるだけで暖かい空気を逃がさない工夫ができます。
分厚い靴下や温かいスリッパ等も着用し、足元を冷やさないようにしましょう。
また、室内でエアコンやヒーターを使用する場合は、シーリングファンで室内の空気を循環させるだけでも違ってきます。

寒さ対策のマスト項目は窓!

窓から70パーセントの熱が逃げると言われています。
雨戸を閉めてしまうのが冷気を入れない一番の方法ですが、ついていない場合は一工夫して防寒対策をしましょう。
窓に密着させるシートやテープが販売されていますが、結露が多い場合水が溜まってしまい不衛生になりがちです。
特に南向き以外の窓の場合、冬の昼間の日光では水分は蒸発しませんし、窓の面積を考えるとどうしても割高になってしまいます。
そこでおすすめなのが、梱包された商品などについている気泡緩衝材、(エアーキャップやプチプチと言われるもの)です。
これを切ったり繋げたりして窓のサイズに合わせて貼るだけです。
これだけで窓からの冷えをかなり抑えることができます。
気泡緩衝材は、家電製品等についているものは大きいものが多く、ついでで手に入るので取り置きしておくことをおすすめします。
いつか引越しをする時に梱包用としても使えますし、冬場は防寒グッズになるわけです。
ちなみに、気泡緩衝材はわずかな結露があれば窓にピッタリと張り付くので接着剤なども必要ありません。
貼り換えや取り換えも手間もコストもそんなにかからないため、最適のアイテムと言えるでしょう。
100円均一で購入できるシャワーカーテンを使って窓にビニールカーテンを設置するのも効果的です。
厚手のカーテンや発砲スチロール板などで窓の下部からの冷気を遮断するだけでも違いは体感できますよ。
とにかく窓からは熱は逃げるし冷気は入ってくるし、お部屋の防寒は窓にあり、なのでしっかりと対策をする必要があります。

スポンサーリンク

寒さ対策、おすすめグッズ

安価なのは、こたつ、ハロゲンヒーター、電気カーペット等が思い浮かびますね。
どこを温めたいか、という目的によっても変わってきますが、エアコンが一番暖かい、かつ部屋全体を暖められます。
電気代も省エネタイプのものが主流ですので安く抑えることができます。
エアコンや器具を使用する際、たくさん着込むのが安上がりにするポイントです。
厚手のものを着るより、Tシャツなどの肌着を重ね着で首にタオルなどを巻くとかなり暖かいですよ。
背中の真ん中より少し上と、腰にカイロを貼ると寒さがだいぶ軽減できます。
足が冷たくて眠れない時は、靴下よりレッグウォーマーが効果的です。膝から下、特に踝部分をしっかりと温めましょう。
また、ネックウォーマーをしながら寝れば、首元がぽかぽか。寝るときに気にならないように薄手のものを選びましょう。
薄手でも十分温かいですし、風邪もひきにくくなります。
枕にはひざかけ毛布をくるむと、頭が冷える心配もなくなり寝やすくなります。

食事にもおのずと温かいものが増えますね。
上半身を温めるのはしょうが料理、下半身にはココアが効果的と言われています。
鍋料理のときにはキムチの元やにんにくを混ぜると身体が温まります。

湿度も適度に保ちたいところ。風邪予防にも重要なポイントになります。
しかし加減をしないと、結露も心配です。
加湿器を使うのも手ですが、ヒーターや電気、ガス機器の上の方にパイプハンガー等を利用して洗濯物を干すだけで全然変わってきます。

上記で述べたような窓の断熱材を使用する場合は窓ガラスから放して空気の層が出来るようにした方が、より断熱効果が上がります。

まとめ

いかがでしたか。寒い冬を乗り切る工夫はたくさんあります。
意外と低コストでできることも少なくないので、なるべくお金をかけずに防寒対策し、風邪に負けないように過ごしたいですね。
暖房器具を使用する際も一枚多めに着込んでから、の一工夫で温度設定を低くし、電気代を抑えるようにしてみましょう。
冬来たりなば春遠からじ、暖かい春の訪れが待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です