バレンタイン、職場への義理チョコは必要?
予算はいくら?

今年もバレンタインデーが近づいてきました。
バレンタインが好きではないという男性の話は度々耳にしますが、働く女性にとっても厄介な行事、と捉える人は多いようです。。
職場の男性陣に用意すべきなのか、用意するとしたらいくらぐらいのものが妥当なのか・・・
今回の記事が少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク
  

バレンタイン到来!職場への義理チョコについて

そもそもバレンタインデーとは義理チョコを渡す日ではありません。
日本では、女性が意中の男性に気持ちを伝える日、という大前提がありますが、友達同士で交換するいわゆる「友チョコ」や、家族で簡単なパーティーをして楽しむご家庭もあります。

意中の男性ではないけれど、例年会社の上司や同僚にチョコレートを渡す風習が続いている職場だったり、なんとなく渡した方がいい雰囲気だから用意しないと、と考えてしまう状況にいる女性もいますよね。
渡しても嬉しいと感じるか、正直迷惑だと感じるかは相手次第。それがバレンタインの難しいところ。
女性の多い職場や部署で働いている方は、毎年どのように職場でのバレンタインを過ごしているのかリサーチしておくと良いでしょう。みんなで感謝の気持ちを伝えるためにチョコを渡す職場、あげたい人はあげる、あげたくない人はあげない、それぞれが手作りのものを毎年全員に配る、なんていうところもあります。
先輩たちの意見を聞いて判断するのが無難です。

中には女性が自分だけ、という職場や部署に勤務する方もいるでしょう。
そういう場合はあなた次第ですが、チョコを配る場合は優劣をつけない、というのが大前提。
義理であるなら「みんなに同じものを渡しています」という空気を出すため、あえてギャラリーの多いところで渡してしまうのがいいみたいです。その方が一度に多くの人に渡すことができて手間も省けます。

バレンタインのチョコ、職場に必要?

女性が周りにいる職場の場合は、例年のやり方を聞いたうえで判断すると良いでしょう。
男性にどう思われるかというよりも、むしろ女性にどう思われるか、ということを考慮した方がいいかもしれません。
それもバレンタインが厄介に感じられる行事ごとの理由のひとつでしょう。
無難な方法としては、旅行先のお土産感覚で、個別の包装ではなく、ひとつの大きめの袋にがさっと入ったものを配って回ることです。個別のものだと、受け手側もお返しに困ってしまうでしょうし、気合いが入りすぎていると思われるのも厄介です。
手作りだと「本命感」が出てしまうので・・・と思う人もいるでしょうが、安く済ませるには買うよりも手作りですよね。
「予算は1000円以内」などと自分で決めて、派手な包装はせずに、なるべく人の多いお昼やおやつの時間に「今日はバレンタインなんで作ってみました。良かったらおひとつつまんでください」と同僚や上司を回れば問題ないでしょう。
もちろん女性陣のところへ回るのもお忘れなく。
直接渡すのは「あげた」「もらった」という感じが出るので、昼休みなどに一人ひとりの机の引き出しに入れて回るのもありです。
少し雑ではありまが、ファミリーチョコを「皆さんでどうぞ」と一言添えて給湯室などに置いておくのもひとつの方法です。
それぞれの職場の雰囲気や例年のやり方でいくのがポイントです。

最近では義理チョコはなしで、というところも増えてきているみたいですから、女性の職員が自分だけだという人は思い切ってなしにしてしまってもいいかもしれません。

スポンサーリンク

バレンタインチョコ、職場の人への予算は?

義理チョコにかける予算の平均は一般的には501~1000円(/一人あたり)の間が最も多いとされており、意外と高いことがうかがえます。次いで多いのは101~500円の間で、やはりあまりお金をかけずに済ませる女性が多いようです。
手作りの方が費用を安く抑えられますから、板チョコと簡単なラッピングだけ購入して量をたくさん作るという人も少なくないようですね。
ここで気を付けたいのは包装は控えめにみんな同じものに統一するということですね。本命だと勘違いされてしまうとこちらも困ってしまいます。

それぞれの職場の人の人数や、上記でも述べた例年どのようにしているかによって予算は大きく変わってくるでしょうが、なるべく自分の負担にならず、相手にも気を遣わせない程度に、でも喜んでもらえるようなチョコ選びが重要です。
私の友人は駄菓子屋で昔懐かしいチョコレート菓子をたくさん買って、普段お世話になっている部署の男性職員に配ったところ、みんな大喜びで懐かしながら休憩時間に食べてくれたそうです。話題のきっかけにもなったし、安い駄菓子なのでお礼をもらうほどでもなく、大正解だったようです。特に年上の男性社員の多い部署だったのでみんな懐かしんでくれたのでしょう。
どのような年齢層の男性に渡すのかというところも、チョコ選びのポイントになってきますね。
家族のいる男性に渡す場合だと家に持ち帰って食べることが考えられるので、大きくて数が少ないものより、小さくてたくさん入ったものの方がいいかもしれません。
独りよがりで自分の好みで選ぶよりも、渡す相手や周りのことを考えてのチョコ選びが重要ですね。

まとめ

面倒なイベントととらえられがちのバレンタインですが、普段仕事でお世話になっていたり、職場の飲み会の度にお会計を多く払ってもらっていたり、なんて記憶はありませんか。
そんな日頃のお礼や感謝の気持ちを表せられるのが義理チョコの役目でもあると思います。
値段や包装、渡す場所、気を遣わせないもの、色々と考えて用意しないといけない義理チョコ選びは大変かもしれませんが、職場のコミュニケーションとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です