2018年度平安神宮出初式の
見どころと行き方の注意点

ピッカピカに磨かれた大きなはしご、真っ赤なボディがめちゃくちゃかっこいいはしご車や消防車がズラリ。
2018年も京都の平安神宮にて京都市消防局による出初式が行われます。
実はお堅い式典だけではなく、子どもが喜ぶ企画もたくさん盛り込まれているんですよ。

今回はそんな出初式の当日のスケジュールと小話を少し…
交通規制についてもリサーチしましたので是非ここで確認して、年初めは平安神宮で無火災を祈願しましょう。

スポンサーリンク
  

平安神宮出初式2018

京都は有名な観光都市でありながら、昔から火災に見舞われた町でもあります。
「応仁の乱」や「蛤御門の変」などの戦だけでなく、大きな火災に何度も会い、木造家屋の京の町は焼きつくされることもしばしば。
ですから、市内にある歴史ある寺社仏閣のほとんどが創建当時のものではなく、なんどか再建されたものが数多くあります。

そんな京都の町の防災意識は高く、毎年開催される「京都市消防出初式」は戦前からとり行われており、例年子どもからお年寄りまでたくさんの人たちで賑わいます。

スケジュールは下記のとおりです。

■日時
平成30年1月7日(日曜日)
午前10時~午前11時35分(小雨の場合は決行)
※荒天により式典を中止する場合、各報道機関へ午前8時30分に連絡があります。

■場所
京都市勧業館みやこめっせ前付近
左京区岡崎最勝寺町)

■参加人員(予定)
消防職員        約700名
消防団員        約630名
事業所の自衛消防隊員  約200名
自主防災会員      約670名
京都学生消防サポーター 約 30名
少年・幼年消防クラブ員 約900名

            計 約3,130名

■参加車両等
消防車両等  約50台
ヘリコプター 2機

■その他
市民体験・展示コーナーを岡崎公園(ロームシアター京都東側)に設置予定
二条通北側に報道席を用意
同場所で午前9時30分から訓練の概要等についての事前説明あり

式次第

10時00分 開式

10時01分 国旗掲揚

10時02分 消防部隊の状況報告

10時03分 消防部隊の観閲

10時13分 門川 大作京都市長挨拶

10時19分 荒木俊晴消防局長挨拶

10時23分 来賓によるお祝いのことば

10時37分 分列行進 (車両部隊、消防職員・消防団員による徒歩部隊の行進を実施)

10時54分 市民パレード

11時07分 消防音楽隊による演奏と消防カラーガード隊による演技

11時12分 市民による消火訓練 (京都学生消防サポーター及び各自主防災会による消火訓練を実施)

11時20分 消防部隊による警防訓練 (消防隊等による迅速な放水訓練、救助隊による救出訓練を実施後など)

11時33分 国旗降納

11時34分 閉式

11時35分 終了

平安神宮出初式の見どころ

見どころは何と言っても式典最後の消防訓練の様子の実施です。
そこにいる人全員の目を釘付けにし、思わず「おおおおお~~~~!!!」と声を漏らしてしまうこと必至。
車や消防車が大好きな子どもなんて、目を輝かせまくって大喜びです。
消防隊の方たちの普段の練習あってこそなのだと感動させられますよ。

ヘリコプターもやってきて、実際の空からの救助の様子をまじまじと見ることができる大迫力。
寒さも忘れてしまうほど心を奪われてしまいます。

中盤に行われる市民パレードの先頭を走行する「昭和2年製クラシック消防自動車電気自動車」も見ものです。
見かけはとってもキュートですが、当時はバリバリの現役として活躍していたんですね。
電気自動車として復元されているところも注目です。

それから、平安神宮の前の道にずらっと並んだ消防車。
こちらは消防隊の方にお願いすればほとんどの車両は乗せてもらえるので子どもは大喜び。

また、地震体験ができる装置があって、高い震度の地震を体験することができたり、ちびっ子たちは子ども用の防火服を着て写真を撮ったりもできますよ。
非常食として売られているお米の試食もいただけたり、出初式の中には来場者にとって嬉しいイベントが盛りだくさんです。

平安神宮出初式への行き方

筆者も当日は見学予定なので気になり、実際に問い合わせてみると、なるべく公共交通機関を利用するのが望ましいとのこと。

スポンサーリンク

京都駅からだと、市バス5系統、もしくは洛バス100号系統に乗り、「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車で北へ徒歩5分。
阪急河原町駅より市バス5系統、46系統、32系統に乗り、「岡崎公園 美術館・平安神宮前」または「岡崎公園 オームシアター京都・みやこメッセ前」下車で北へ徒歩5分。

超有名スポットなのでアクセスは楽々です。

もし事情があって車で来る場合は、当日の交通規制に注意してください。
駐車場については平安神宮境内には駐車場はありません。

近くには、京都市営岡崎公園駐車場や、みやこめっせ 京都市勧業館駐車場など、岡崎公園周辺に一時預かりの駐車場(いずれも有料)が複数あります。

岡崎公園の地下駐車場は収容台数が500台以上あるので、迷ったらそちらを利用するといいでしょう。

平安神宮と接している岡崎道は交通規制がかかりません。

しかし、交わっている冷泉通がこの日はイレギュラーです。

青線A-B間が冷泉通です。

通常であれば、駐車場出口になっている場所なのですが、出初式の日は「出入り口」となり、入り口としても利用することができます。
しかし、消防局の方によれば、南から来て左折する場合のみOKとのこと。
北から来て右折をするのは、普段は可能ですが、この日は不可となりますので注意しましょう。

おわりに

式のラストは消防訓練の様子を見せてもらえるのは例年のことですが、無駄のない消防隊の皆さんの動き、勢いのあるホースからの水、サイレンの音、どれも圧巻ですよ。
消防車が好きなお子さんももちろんですが、親御さんも最後には「こんな風に京都市民のために日々訓練されているんだな」とありがたく、自然と感謝の気持ちが湧いてくるはずです。

是非、防寒対策をしっかりして、見応え抜群の京都市消防局の出初式をご覧になってください。

今年も京都が安心安全な街で無事過ごせますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です