バレンタインに子どもに
チョコをあげたいけどいつから食べられる?

バレンタインのチョコレートやお菓子はいつも旦那さんにだけだけど、今年は子どもとも一緒に作ったり食べたりして楽しみたい、というママ。
筆者ももし女の子が生まれたら一緒にキッチンに立ってお菓子を作るのが夢である一人です。

ですが、チョコレートや甘いものを小さいうちから与えることに良いイメージを持っている人は多くないでしょう。

実際、チョコって何歳から食べられるのか、やっぱりチョコは控えて他のお菓子で代用するべきなのか、
そんな疑問を今回はひも解いていきましょう。

スポンサーリンク
  

バレンタインに子どもにチョコレートをあげたい

子どもがまだ小さいと、「バレンタイン」という認識がない場合も多いと思いますが、もちろん愛情表現のひとつとして「あげたい」と思う親御さんもいらっしゃるでしょう。

筆者の周りは、小学校に上がるまでの子どもが多い場所ですが、周りのママ友たちはあげたりあげなかったりとだいたい半々くらいの印象です。
(女の子がいる家庭では一緒にキッチンに立ってパパに手作りチョコやお菓子を作ったりしているところが多いです)

もちろん純粋に可愛くて愛している我が子にバレンタインチョコをあげるのはいいでしょう。
しかし気を付けたいところは、毎年豪華なチョコやお菓子をあげるのが当たり前になってしまわないようにすることです。
これは特に息子さんの場合です。
もし息子さんが幼稚園などで女の子から板チョコのようなチョコレートや、小さなお菓子のようなものをもらう場面があったとすると、「ママからのチョコレートの方が豪華」だということになります。
バレンタインのチョコレートは他人である異性にもらって特別なものなのです。
現代の子たちは少子化の影響もあり、誕生日やクリスマス、お正月、普段から家族に尽くされ、かつイベント事は何でも豪華です。
あまり満たされると、もらっても新鮮味やドキドキする気持ちはどうしても薄れていってしまいます。
女の子に思いをはせるなんて面倒になります。
まだまだ若くて小さな女の子のやることが、何十年も生きてきた母親にかなうわけありません。
息子さんが、初めてのチョコレートにドキッとしたり、焦ったり…
それはとても特別な感情で、また大切なものでもあります。

豪華なチョコレートをママからはもらって喜ぶ男の子のままではこんなドキドキは味わえなくなってしまう可能性があるので、いくら息子さんが可愛くても、あげるチョコレートはほどほどに、そして小学校の低学年くらいまでで終わりにするのが(ママは寂しいかもしれませんが)いいのかもしれません。

バレンタインのチョコ、子どもはいつから食べられる?

それでは、子どもはいつからチョコレートを食べても大丈夫なのでしょうか。

これは、育児書や専門家によって意見が様々です。

一般的に

■0歳→NG
■1歳→少量からのスタートで大丈夫
■2歳→微妙なライン
■3歳→OK
■5歳以降→問題なし

という内容が多いようです。
決して無理に与える必要はなく、普段の食事をきちんと摂れているならあえてあげなくていいのでは、ということをよく聞きます。

また、「3歳」を区切りと考える専門家の意見も多くいようで、これには3歳の子どもでほぼ味覚が形成される、乳歯が生えそろう、内臓が完成する、などの理由が挙げられます。

スポンサーリンク

筆者の近所の小児歯科の先生は「家では与えなくて良い」「お祝いごとや特別なときに少し食べる程度で良い、なるべく遅めのスタートが望ましい」と言っていました。

口の中に長く残るチョコレートは(キャラメルやグミ、ガムなども)虫歯にならないためにもなるべく控えた方が良いとのことです。
もちろん、その後の歯磨きも大切です。

与えすぎは禁物ですが、チョコレートで言ったら

1歳~2歳・・・男の子 25g  女の子 24g
3歳~5歳・・・男の子 35g  女の子 34g

上記が1日のおやつにチョコだけを与えるとした場合の目安になります。
だいたいファミリーパックに入っているチョコレート4~6つ分くらいですね。
あの小さな一口サイズのチョコでだいたい5g程度です。

気を付けておきたいのは、頻繁に与えないようにすることはもちろんですが、チョコレートにはウィスキーボンボンなどの「酒入り」のものもありますので、うっかり子どもに与えてしまった、なんていうことのないようにしましょう。

バレンタインに子どもにチョコレートをあげたい場合は、ココアを使うのもひとつの手です。
もう大人と同じものを食べられる2歳くらいの子でも、チョコレートをあげるのは抵抗のあるママにおすすめです。

ココアをいれて、ホットケーキを作ったり、蒸しパンを作ったり、親子でクッキー焼くのも楽しいですよ。
見た目が味気ないと思ったらフルーツを添えたり、100均などのピックで豪華に見せてあげると喜んでくれること間違いなしです。

まとめ

いかがでしょうか。
可愛い我が子に愛情たっぷりのチョコレート、の前に、適量なのかどうか、お酒が入っていないかどうか、のチェックは怠らないようにしましょう。
楽しく美味しいバレンタインデーになるといいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です