喪中はがきはいつ出す?
送る範囲と挨拶についても知っておこう

年の瀬が近づき、年賀状を意識する人も増えてきました。
今年は喪中だから喪中はがきの準備をしなければ、という人もいるでしょう。
でもいつ、誰にどのような内容のはがきを送ればよいのでしょうか。
忙しい年の瀬を迎えるまでにしっかりと確認して、スムーズに手配できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
  

喪中はがきはいつ出すの?

年賀状の受け付け開始が12月15日からですので、それまでに届くように送るようにしましょう。
相手方が年賀状の準備をすることを考えて少し余裕を見て、12月1日~10日までの間に届くよう発送するとよいでしょう。
必ずしも12月に手元に届く必要はなく、11月中旬以降であれば問題ありません。

喪中はがきは、下記のような場合に出すのが一般的です。

・同居の家族、親族が亡くなった場合
同居している家族、親族が亡くなった年の年末に喪中はがきを出します。
同居している家族、親族とは、同居の「両親(父母)、兄弟姉妹、子供、孫、祖父祖母」、さらに同居している「義父義母、義兄弟姉妹、養父母、養子、伯父伯母、叔父叔母」などです。

・肉親(両親、兄弟姉妹、子)が亡くなった場合
同居しているいないに関わらず、自分から見て親兄弟(父母、義父義母、兄弟姉妹)及び、子にあたる人が亡くなった場合には喪中はがきを出します。

・同居していない「祖父祖母、養父母、義理の息子・娘」が亡くなった場合
喪中はがきを出すかどうかについては家族で相談して決めましょう。
普段の交流や付き合いによって異なります。
地域によっては、祖父母は同居しているいないに関わらず、2親等内なので喪中はがきを出すというところも多くあります。

喪中はがきを出す範囲って?

喪中はがき(年賀欠礼状とも言います)は通常、年賀状を交換している人全員に出します。
ただし、親兄弟や、日頃交流のある親族には、出さないことが多いようです。
また、故人と面識のない方(仕事の付き合いのみなど)や、気遣いをさせたくない相手には喪中を知らせずに、平年通り年賀状を送ることもあります。
喪中であることをまったく知らなかった人に出せば、受取人も驚いて連絡が入る可能性もありますので、こちらも心の準備をしておきましょう。
相手との関係を考慮し、必要と思う範囲に出せばよいでしょう。

下記に喪中はがきを出す範囲の一般例をまとめました。宗教や地方によっても異なりますので参考例としてご覧ください。

・毎年のように年賀状のやり取りをしている相手(友人、同僚、上司、先生、仲人など)
・その年に特にお世話になったために、本来であれば年賀状を出したいと思う相手
・喪主の場合には、故人が年賀状のやり取りをしていた友人
・喪主の場合には、故人の葬儀に参列してくださった相手
※親族間では通常、喪中はがきは不要ですが、義兄弟姉妹などのように、親族であっても故人とは遠戚にあたる、あるいは比較的疎遠であるなどの理由で訃報を知らせずにいた場合には、喪中はがきを出すこともあります。
・仕事上・ビジネス上の取引先であっても、故人の葬儀に参列してくださった相手
※仕事上の取引先に対しては、「個人的なこととは別」と考えて喪中はがきを出さないケースも多いようです。
上司と相談して決めるようにしましょう。

喪中はがきの挨拶ってどう書く?

書き出しと結びは必要なく、頭語や結語は用いません。
時候の挨拶などの前文は抜きで、まず喪中のために年賀を欠礼する旨を伝えます。
冒頭に記載する挨拶文には、「新年のご挨拶を遠慮…」のタイプと「年末年始のご挨拶を遠慮…」のタイプがあります。

書き方の例としては、

スポンサーリンク

・喪中につき新年のご挨拶をご遠慮させて頂きます
いつも年賀状のやり取りをしている相手全般に使えますし、喪中であることを知らずに年賀状を送って来た相手への返信にも使えます。
また、例えば12月になってから身内に不幸があった場合、先方が年賀状を投函する前に喪中はがきを手配できないことが多いですが、そのような場合にも使える表現です。
(喪中はがきが間に合わないような場合には、喪中はがきを年賀状の返信として出すこともありますが、別の方法として松の内(1月1日から1月7日まで)を過ぎてから届くように寒中見舞いを出すこともあります。この目的で出す場合の寒中見舞い用のはがきは、12月にポストに投函してしまうと、普通の郵便と同じように2、3日で先方に届いてしまい、年内に届くことになります。先方からの年賀状に対して喪中であることを告げる内容とするため、年明け5日頃にポストに投函するとちょうど良い頃に届きます。)

・喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
こちらも、いつも年賀状のやり取りをしている相手全般に使えます。
早めに喪中はがきを手配し、相手が年賀状を投函する前に間に合うように送るような場合にも使えます。

続いて誰がいつ亡くなったかを伝え、お世話になったお礼、変わらぬお付き合いを願う言葉を書くというのが一般的です。
具体的な年齢や故人の名前を出さない場合もあります。
行頭の一字さげはせず、句読点を入れないのが一般的です。
亡くなった日の表記、はがきを差し出す月の表記は漢数字を使います。

喪中はがきは、近親者に不幸があり、年賀欠礼することを前もってお知らせする挨拶状ですので、その他の内容(近況報告・特にお祝い事など)は書かないのが基本です。
そして、欠礼状で大切なのは「年賀」という言葉を使わないことです。「年始・年頭・新年」などの言葉にします。
新年であれ、賀すべき(=祝福する)気持ちにはなれないというのが、親しい者を失った人の心だからです。

下記は一般例です。参考にご覧ください。

===================================

喪中につき年末年始のご挨拶を
謹んでご遠慮申し上げます

本年七月に母○○○が八十九歳にて永眠いたしました
生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう
謹んでお願い申し上げます

平成○○年十一月(喪中はがきを差し出す月)
(投函日が11月月末であっても、12月と書いて構いません。)

====================================

喪中はがきは家族連名で出しても良いため、通常は喪主を中心とし、喪主と故人との続柄を記載します。
名前、年齢、死亡日、続柄といった項目のうち、どうしても知らせたくない項目は、記載しない場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?
喪中はがきの存在は知っていても、いざ自分が準備する側の立場になると、特に初めての場合は何をどうしたらいいのか分からないことも多いと思います。ばたばたと忙しくなる年の瀬を迎える前に確認をして、ミスや失礼のないよう準備しておきましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です