ささくれが痛い!原因は何?
正しいケアと予防法で冬を乗り切ろう

暖かい時期は手袋なしで洗い物をしても平気なのに、寒くなってくるととたんに手先のかさつきが気になってハンドクリームが手放せなくなる、
なんてことありませんか。

どうして手先は他の皮膚よりも目立って乾燥したり、めくれてささくれが気になったりするのでしょうか。

今回はその原因と正しいケア方法や予防法をまとめましたので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  

ささくれが痛い、原因って何?

「ささくれ」ている状態とは、爪周辺の皮膚が、乾燥や外部からの刺激によって、自然と部分的にむけてしまった状態のことを言います。

爪の周辺の皮膚組織は、線維が指先の方向に並んでおり、爪の根元は線維の断面が露出している状態にあるため、もともと皮膚が容易にめくれやすい部分なのです。

加えて、爪周辺の皮膚組織に与える下記のような刺激が要因となっていると言えます。

■日常生活での手肌の乾燥

日常生活では手肌のうるおいを奪う機会がたくさんあります。
空気が乾燥している秋や冬はそれだけで刺激を与えてしまいますし、外から帰った後の手洗い、洗剤を使用する水仕事、入浴時のシャンプーやリンスなど、普段の生活から手肌に刺激を与え、水分をどんどん奪っていっているのです。

■ネイルやジェル

女性は誰しも経験があるであろうマニキュアやジェルネイル。
これらの際に行われるアルコール消毒や甘皮除去、リムーバーなどが原因でささくれができることは容易に想像できるでしょう。

■血行不良や体調不良

ささくれの原因として運動不足などによる血行不良や、体調不良の疑いがあることはご存知でしたか。
保湿をすれば治ると思われがちのささくれですが、栄養バランスが崩れていることや、体調不良のサインの可能性があるのです。

■栄養不足

血行不良や体調不良だけでなく、栄養不足も原因となります。
皮膚の原料となるタンパク質、肌の状態を健康に保つビタミン類、ミネラル類が不足すると、ささくれができやすくなってしまいます。

ささくれが痛い!正しいケア方法

皮膚の表面が少しめくれてしまっただけで、保湿をすれば「すぐに治る」と思われがちのささくれですが、先述したように体調不良や栄養不足が原因の場合もありますし、指先は常に空気中の雑菌にさらされている状態です。
ささくれは立派な皮膚疾患のひとつで、悪化すると雑菌が入って繁殖し、化膿したり感染症にかかってしまうことがあります。

ささくれができてしまったら、ひどくなる前に正しく処理をするようにしてください。

ささくれの正しい処理方法

1. ささくれを切る道具を消毒
使いやすいネイルニッパーや眉用のハサミなどを準備し、コットンなどでアルコール消毒しましょう。

2. ささくれを根元からカット
ささくれの周辺もアルコールや消毒薬で消毒してください。
そしたらささくれを根元からカットします。ささくれは、うまく掴めてもそのまま引っ張ってしまわないように注意しましょう。

3. しっかり保湿、傷がある場合は絆創膏などで保護
ささくれをカットしたら、傷口がない場合はキューティクルオイルなどを塗ってしっかり保湿してください。
できればその後もこまめに保湿を心がけましょう。
傷がある場合は軟膏などを塗って絆創膏で保護しましょう。

ささくれはひどくなると、カンジダというカビに感染したり、黄色ブドウ球菌・連鎖球菌などに感染して「カンジダ性爪周辺炎」や「ひょうそ」といった病気になることだってあります。ささくれとはいえ、悪化した場合は、すみやかに病院へ相談してください。

ささくれが痛い…予防法はコレ

ささくれの予防にはなんと言っても日々の保湿が重要です。
一番手軽で誰にでもできる方法と言えば「ハンドクリーム」を塗ることですね。

たかがハンドクリームでも侮ることなかれ。
実はより保湿できる塗り方があるのです。

1. まず化粧水で保湿
安い化粧水でOKです、時間があるときは、手を洗ったらまずは化粧水を馴染ませましょう。
ちなみに手を洗った後は、タオルを軽く押し付けるようにして、こすらずに水分を拭き取ってくださいね。

スポンサーリンク

2. 指先にはキューティクルオイル
ローションが乾いたら次はキューティクルオイルを指先に塗りましょう。
ハンドクリームの後だと、はじかれて浸透しにくいため、クリームを塗る前にオイルを塗ってくださいね。

3. 最後にハンドクリーム
真珠粒大のクリームを手のひらにのせ、片方の手のひらでもう片方の手の甲をやさしく押さえるように塗りこみます。次に、両手の指を組んで滑らせるように動かし、指の間にもクリームをしっかり塗ります。そして、指先を軽くつまむように伸ばしていくと、細部にクリームが行きわたります。

その他にできる日々の対策としては、

■水仕事は可能な限り減らす
■洗剤を触る際はゴム手袋を着用
■外出時は手袋を着用して手を保護
■お湯ではなくぬるま湯を使う

などです。

また、ドラッグストアなどで簡単に手に入れられる「ナイトグローブ」の使用も効果的です。
眠っている間に手肌のケアができること、その間は外からの刺激もないため手肌をしっかりと休めることができます。

日中はハンドクリームはこまめに塗ることをおすすめしますが、手肌の状態によってハンドクリームの種類を変えることも効果的です。
すでに「ひび」や「あかぎれ」ができてしまったという人は、保湿効果の他に、肌の修復を促すビタミン類などの成分を含んだハンドクリームを選びましょう。角質層を保護し、肌内部の水分の蒸発を防ぐ効果のあるワセリンも重宝します。

夜のハンドケアにはしっとり感が長く続くクリームタイプがおすすめです。良質なハンドクリームは、濃厚なテクスチャーであってもベタつかないことが多いものです。塗って時間が経っても、うるおい感が続くハンドクリームを選んでください。
他にも、肌をベールで包むワセリンやシアバターをベースにしたものや、血行を促進するビタミンEを配合したクリームなどもおすすめです。

ネイルやジェルを普段からしている人は、リムーバーは爪以外の皮膚に付着しないようにしたり、過度な甘皮除去をしないように気をつけましょう。

積極的に摂取していきたいのは、皮膚や粘膜を健康的に保つビタミンA(レバー、うなぎ)、B2(卵、納豆)、皮膚障害の予防に効くビタミンB6(かつお、まぐろ、レバー)、肌を美しく保つビタミンC(柑橘類、いちご)、ビタミンAの吸収を助けるビタミンD(魚介類、卵類、きのこ類)、傷の治癒に役立つビタミンE(ナッツ類、植物油)などです。

まとめ

いかがでしょうか。
日頃からのケアにプラスして化粧水やナイトグローブの使用、また日常生活の中でもなるべく水仕事を減らすなどの工夫をすれば、見違えるように手肌の潤いはキープできるはずです。

手軽にできるものばかりだからこそ、早速できることから取り組んでみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です