松尾大社「節分祭~2018~」
石見神楽と鬼は必見!

実は京都で最も歴史ある古い神社とされる「松尾大社」。

2月3日の節分の日に行われる「節分大祭」は「石見神楽」の奉納や「鬼の舞」、「福豆まき」と見どころ盛りだくさんで、毎年多くの人で賑わいます。
2018年も例年通り行われる予定ですので、その詳細と見どころについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

松尾大社節分祭2018

■日程
 2018年2月3日(土)

■時間
 10:00頃~島根県民俗芸能無形文化財「石見神楽」の奉納(拝殿)
 13:30~ 「節分大祭」(本殿)~鬼の舞「石見神楽」~「追難行事」宮司による豆撒き
  ~「鳴弦破魔弓神事」(拝殿)~「四方奉射神事」(拝殿)
 14:00頃~福男・福女による1回目の「福豆まき」(拝殿)
  
 15:30頃~2回目の「鳴弦破魔弓神事」~「四方奉射神事」(拝殿)
 
    引き続き、福男・福女による「福豆まき」(拝殿)

■場所
 松尾大社

 市バス「松尾大社前」から徒歩3分
 阪急嵐山線「松尾大社駅」から徒歩4分

 駐車場100台スペース有
※ただし当日は大変混雑するため、公共交通機関で来るのが望ましいです

■問い合わせ先
 075-871-5016
 公式HP 

松尾大社の節分祭「石見神楽」

松尾大社の節分祭の見どころ「石見神楽」。

石見神楽とは、神楽の様式の一つで島根県西部(石見地方)広島県北西部(安芸地方北西部)で古くから伝統芸能として受けつがれ、日本神話を題材とし、演劇の要素を持っています。
起源については室町時代後期には演じられていた言われており、昭和52年に島根県益田市の民俗芸能無形文化財に指定されています。

出雲神話の主人公である「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」が松尾大社の神である「大山咋神(おおやまくいのかみ)」の祖父神にあたる由縁もあって、遠路はるばる島根県益田市より毎年この節分祭において奉納するために来て頂いているそうです。

舞台を清める塩祓いから始まり、鬼が登場して「大蛇(おろち)の舞」、素戔嗚尊が出雲の国に降りて八岐大蛇を退治し、奇稲田姫と結婚する下りではダイナミックで赤や青の色鮮やかな大蛇を見ることができます。
最後に素戔嗚尊が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治する場面は大変迫力があり、見物客からの毎年拍手喝さいが起こります。

約2時間ほどの演技となります。

松尾大社の節分祭の鬼が怖すぎる…

2年に一度はこの松尾大社の節分祭に行っている筆者としては、「鬼」について是非皆さんに知っていただきたいのです。

なんせ…
怖い…

うちの息子も

スポンサーリンク

ご覧のありさまです。
これは昨年2017年に撮影した鬼さん。

記念に鬼に抱っこしてもらって写真を撮るために、小さいお子さんを連れて来られる人もたくさんいます。

鬼はディズニーランドで言う○ッキーマウスのようなものですから、それはもうとても大人気なんですが(写真を撮らせてほしい大人から)、13:30頃に神社をウロウロしていたら必ず出会えますし、皆が写真を撮りたいのは鬼も承知なので、結構ノリノリで撮影に応じてくれます。
子どもたちも抱っこされてギャンギャン泣いて、厄を追い払っているようです。(勝手に都合のいいように解釈)

ちなみに撮影タイムが終われば「福豆まき」が行われるのでこれにも是非参加しましょう。
みかんや豆など結構いいものがたくさんまかれます。
知っている人は毎年紙袋を持参してスタンバイしていますよ。
皆さんも袋を持って行きましょう。

おわりに

迫力満点の松尾大社の「節分祭」。
節分の主役の「鬼」だけでなく、「石見神楽」の演劇や「福豆まき」のイベントなど、見どころ満載です。
もちろん京都の歴史や文化も感じることができて寒さも吹っ飛びますよ。

是非足を運んで今年一年の「運」を掴みに行きましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です