トイトレを冬に始めても成功しない?
上手に進める方法とは?

トイレトレーニングに悩む親御さんは多いと思います。

特に来春から幼稚園に入園を予定している場合は、それをひとつの目標に進めていこうこ考えている人もいるはずです。

春にはオムツが外れているように、それまでにスタートしたいけれど冬はトイトレを進めにくいイメージだし、寒くて洗濯物も乾きづらいし、億劫な気持ちになってしまいますよね。

今回は冬のトイトレスタートは本当にNGなのか、春までのオムツ卒業に向けてできることはないか、上手に進めて行く方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

トイトレを冬に始めても成功しない?

冬のトイトレが決してNGというわけではありません。
ただ、以下の理由があることからどうしても躊躇されがちです。

■夏場のように汗をかかず、おしっこが出る回数が多い
■厚着になるためパンツやズボン、タイツなどの脱ぎ着が大変
(ママやパパも洗濯物が増える)
■便座やオマルに座るのが寒い

ただ、これらは裏を返せばメリットとしてとらえることもできます。

■トイレの回数が増えてトレーニングしやすい

おしっこの回数が増えるということは、おもらしの回数も増えるので嫌がるパパやママもいるでしょうが、それは同時にトレーニングの場数を踏めるということでもあります。
トイレに行く回数が増えると、おしっこのタイミングを自然と掴みやすくなるでしょう。

■おもらしの感覚が分かりやすい

トイトレのスタート時に大切なポイントとして、おしっこが出る感覚をつかむことが挙げられます。
冬はおもらしでパンツが濡れると冷たくなってすぐに分かります。
不快感がすぐに伝わるということなので、それがきっかけで事前報告してくれる例も少なくありません。

■外出が少なく家で過ごせる

寒い冬は日照時間も短く、春夏と比べて家で過ごす時間が長いものです。
外出に何かと気を使うトイトレ中は、トレーニングのペースが崩れにくいため、結果的に進めやすかったという声も聞きます。

寒い冬ならではのメリットを上手に活用してトイトレを進めることは大いに可能ですので、冬に始めても成功しないということは決してありません。
紙オムツの上に布をあてて濡れた感覚を覚えさせつつ、ズボンやスカートまではおしっこで濡れないようにして洗濯物を減らす工夫もできますし、もし夏にスタートして軌道に乗ってきているのであれば、冬が寒いからという理由だけで中断してしまうのは大変惜しいです。

また、一人で立って歩くことができ、言葉の理解も進んでいるようであれば冬からのトイトレスタートでも問題ありません。

トイトレを冬にスタートして上手に進める方法とは

トイレトレーニングをなるべく子どもにも、パパママにもストレスなくスムーズに進めていくには、少し準備が必要です。

まずはトレーニングパンツを用意しようと考える人が多いでしょうが、購入するときは少し注意しましょう。
トレパンはできるだけ多い方がいいですが、そのために大量に購入するのも大変ですので、用意するパンツのサイズを以下のように工夫すると良いですよ。

今の子どものサイズ: 6-7枚
ワンサイズ大きめ: 3-4枚
もうワンサイズ大きめ: 2-3枚

大きめの物は今後使用するので購入して置いても無駄にはならず、乾かない時の予備として使えます。

筆者はおしっこを漏らしてしまったときに使う専用のタオル(雑巾)を1枚用意していましたが、これもなかなか役に立ちました。
さっと床を拭いて手洗い→ベランダに干す。
常にこの1枚のタオルがベランダに干して乾かしてある状態で、何枚も床拭きタオルが洗濯機に溢れているという状態にはならないので良かったです。気になったら捨てて、別のものを専用タオルにすればOK。

トレパンを使うかどうかは好みや子どもに合った進め方にもよるので全員がそうするわけではないでしょうが、下記のことは共通で準備しておいた方がいい事項です。


1. 部屋・トイレ・便座をあたためる

スポンサーリンク

寒い時期に冷たい便座に座るのは大人でも嫌なものです。
そういうイメージを植え付けないためにも、便座やトイレはあたたかくしておくといいですよ。
部屋も暖かく保つ工夫をして、おしりを出したときに寒くないよう心がけましょう。


2. 着脱しやすい服に

ついつい重ね着してしまう冬ですが、体作りも兼ねて薄着を心がけると◎
服を脱ぐのに手間取ってしまうのも、その間に漏らされるのを避けるためにも、ウエストがゴムタイプのズボンやレギンスなどがいいでしょう。

3. 着替え・パンツをたくさん用意

おもらしの回数が増え、洗濯物が乾きにくい季節だからこそ、着替えが多いと気を揉みません。
どうせ汚れてしまうものだから、お下がりは遠慮なくもらい、手持ちのくたびれた服も処分せずに持っておくといいでしょう。

加えて、ラグやカーペットを敷いてあるお家は、汚されたくないものは撤去しておいた方が無難です。
寒さ対策であれば、ベビー用品などが売ってあるショップにあるパズルマットで対応するなどの工夫をしましょう。
これだと濡れても拭けばOKだし、気になる部分だけ外して洗うこともできます。

これでトイレトレーニングを始める準備はばっちりですが、子どもやパパ、ママが重いストレスを感じてしまうようであれば、季節が変わってから気持ちを新たにスタートさせればいいのではないでしょうか。
トイトレは(すぐにオムツが外れてしまう子ももちろんいますが)基本的に親の根気がいります。
家事ややらなければいけないことを中断されてイライラが止まらないようであれば無理に進める必要はありません。
子どももその度にパパやママの怖い顔を見るのは辛いはずです。
一日中必死になってトイトレするよりは、できなくてもその分触れ合い遊びや絵本を読んであげる時間に割く方がよっぽど意味があります。

冬場は、比較的成功率の高い朝起きてからとお昼寝の後、それから寝る前の1日3回だけはトイレに行く、という進め方でもいいでしょう。
温かくなったらそれで一気にとれてしまう子もいるし、少ない回数に割り切ると、パパやママも進めやすいですよ。

おわりに

子どもがトイレに関心を持ち始めたら、冬だってトレーニングをためらう必要はありません。
そんなときは冬ならではのメリットを利用して、自信を持ってトレーニングを進めていきましょう。

躊躇されがちな冬のトイトレも、寒さ対策とパパママのひと工夫があれば大丈夫です。

トイレで成功したときの子って本当に可愛いです。
一度も失敗しない子なんていないので、少しずつ成功を重ねて自信をつけていってあげましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です