バレンタインチョコを
本命じゃない子にもらったときの断り方とお返し

興味がない、と言いながらも男子たちはバレンタインデーの日はそわそわしてしまうのではないでしょうか。

でも、チョコレートをもらうのはとても嬉しいことですが、好きではない女の子から本命チョコをもらったとしたら、一体どのように対応するのが良いのでしょうか。

気持ちがないのに受け取ったら厄介なことに?誤解させてしまって後々気まずくなる?

そんな疑問をホワイトデーの対応も含めて解決していきましょう。

スポンサーリンク
  

バレンタインチョコ、本命じゃない子からもらったら

この記事を読んでいただいている時点で、すでにバレンタインデーは終わっているものと思いますが(笑)

本命でない女の子からチョコレートを受け取るのは失礼かな、と思って返してしまった人…
それはNGです。
来年からは気を付けてくださいね。

気持ちを持たせないためにその場で返してしまいたくなるかもしれませんが、たとえ好きじゃない女の子からの本命チョコレートだったとしても、必ずチョコレートは受け取ってください。

「チョコレートを受け取る=自分も好きでお付き合いOK」というわけではありません。

このバレンタインデーに女の子はどれほどの準備や心づもりをして臨んだのでしょうか。
手間暇かけて気持ちを込めて作ったチョコレートです。
ましてやそれを好きな人に渡しに行くのは相当の勇気がいることです。

チョコレートを受け取らないということは、そんな女の子の気持ちを踏みにじり侮辱する行為で、あなたを好きで一生懸命頑張った気持ちはどれだけ傷つくでしょうか。

返された女性側の気持ちにもなってみましょう。
そのチョコレートを自分で食べるのも惨めだし、今すぐにでも手放したい気持ちでいるに違いありません。

ですから、本命でない女の子からのチョコレートだとしても、「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉で伝えて受け取るのがマナーです。
精一杯の気持ちにはこちらもできる限りの対応をしましょう。

その後、見えないところでどうするかはあなたの自由ですが。

バレンタインチョコ、告白の断り方

贅沢な話ですが、本命でない女の子からチョコレートを渡されると同時に告白をされた場合はどうでしょうか。

これも同様にチョコレートは受け取るようにしましょう。
勇気を出して告白までしてくれているのです。理由は上記と同じです。

しかし、告白をされるとその返事もしなければいけません。
自分の気持ちがどうなのか確かめたい場合や、一旦考えたい場合は相手に時間をもらえないかと伝えればいいですが、答えが「NO」とハッキリわかっている場合が問題です。

まず、チョコを受け取る前に告白の返事をするのがベターです。
チョコを受け取ってからお断りの返事はあまりかんじが良くありません。

なぜその女の子の気持ちに答えることができないのかをしっかり伝えましょう。他に好きな人がいるから、今恋愛に興味がないから、など明確な理由を伝えてください。
傷つけたくないからといって、期待を持たせるようなことを言うのは絶対に避けましょう。
それがお互いの今後のためでもあります。

そして、ここからの空気が嫌だからこそ告白の返事を後回しにしてしまいがちですが、「お断り」をした後の対応も重要です。
2人の間には気まずい空気が流れているはずです。加えて女の子はすごくショックを受けています。
そこでチョコレートについてこう触れてみましょう。
「気持ちはすごく嬉しいし、今日のために用意してくれたチョコレートは受け取ってもいい?」 です。
まるっとコピーしなくても、このようなセリフをあなたなりに言えたらOKです。

スポンサーリンク

それが傷ついた女の子に期待を持たせない上でできる紳士な対応であり、礼儀でもあります。

優しい言葉にも、女の子はお断りをされた事実に傷ついていますから、「嫌だ、食べて欲しくない」と言われてしまうこともあるかもしれません。
そしたらここで始めて受け取らないという選択になります。
ここでも「ありがとう」という感謝のお礼は忘れずに伝えましょう。

バレンタインチョコ、本命じゃなくてもお返しすべき?

上記で本命の女の子からでない場合でも「チョコは受け取りましょう」と述べてきましたが、そうなると当然ホワイトデーのお返しについて考えてしまいますね。

相手の子に期待をさせないという意味では、しない方が望ましいという考えもあるし、期待を持たせない「お返し」は礼儀としてしておきたい、という考えもあるでしょう。
その後の女の子との関係や、日頃から顔を合わせる仲なのか、などというところにもよりますが、ごちゃごちゃ考えるのも面倒だし、気持ちはないんだし、という場合はあえてお返しはしなくてもいいでしょう。

学校や職場などでしょっちゅう顔を合わせて、良好な関係を築いているのがベターな相手の場合は、食べてしまえば消えてなくなるお菓子が一番です。
見た目が可愛くほっこりできるような、動物などがモチーフの可愛らしいお菓子などがいいでしょう。
女性ならまず間違いなく甘いものや可愛いものは好きですし、重い雰囲気を一蹴してくれるインパクトがあります。

深刻になりがちな状況ですが、あまり重苦しくはならないように明るい雰囲気で渡すようにしましょう。

まとめ

贅沢な状況ではありますが、こんなモテる境遇はいつ誰に訪れるかわからない場面です。
実際予期せぬバレンタインの告白を受けている男子もたくさんいるのです。

咄嗟の状況だと、チョコレートは受け取らないのが正解のように思えるかもしれませんが、「女の子を気持ちを感謝の気持ちで受け取る」ということを忘れてはいけません。

恋愛関係にはならずとも、友人や仲間の一人として良い関係でいられるといいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です