子どものスノボはいつからOK?
教室には入れる?注意点は?

冬の醍醐味のひとつはウィンタースポーツを楽しめることではないでしょうか。
スノーボードもそのひとつです。

家族が増えると、子どもと一緒にボードを楽しみたいというパパやママもいるでしょう。

今冬デビューさせたいけど、まだ早いかな、と考えている親御さん。
お子さんがスノボデビューをするときの注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク
  

子どものスノボデビューはいつからOK?

いくら自分がスノーボードが好きで子どもにもさせたくても、せっかく覚えるなら子どもの成長過程を見ながら最適な年齢でスタートできるといいですね。

スポーツインストラクターや専門家の意見では、子どもがスノーボードを始めるに適した年齢は、「3歳」という回答が圧倒的だそうです。

スキーやスノボ教室では、もう少し言葉の理解が進んだ4歳スタートが多いとのことです。
(スキーの教室だと3歳からOKのところもよく見かけます)
また、スノボはスキーよりもかなり足の筋肉を使うので、小さい子どもは上達が難しい傾向にあります。
スノボは言葉の理解力もかなり必要なので、スキーの方が理解しやすく、すぐ出来るようになりますよ。
スキーである程度滑れるようになってから、スノーボードに挑戦してみるのが、雪にも慣れて怖がらずに上達していける方法と言えるでしょう。
そしてもうひとつ、記憶の問題もあります。

人間は3歳より前の記憶はほとんど覚えていないと言われています。
シーズンが過ぎてしまうと翌年まで触れることのないウィンタースポーツですからなおさらです。
小さい頃に教えられたことは、良いものも悪いものも一生を左右すると言いますが、3歳より前に細かい英才教育を受けても意味がないという専門家もいます。

考え方は人それぞれですが、最短で3歳頃からスタートできるスポーツ、と思っておけば良いでしょう。

子どもがスノボデビュー、教室には入れる?

パパやママがスキーやスノボに自信があっても、特に小さい子どもの場合は体の大きさも違うし、大人が当たり前のようにできることでも、普段使い慣れない筋肉を使ったり、言葉の伝達が難しかったりという難点があります。

いくら飲み込みの早い子どもでも、初めのうちはもちろん戸惑いもあるでしょう。
雪山に慣れたインストラクターや専門の先生についてもらう方が基礎や上手な転び方も学ぶことができるのでおすすめです。

でもまずは雪に慣れるためにソリや雪遊びを家族で楽しむのもいいですね。
子ども向けのスクールでは雪遊びは極力やりませんので、雪に親しむためにも初めはゲレンデの遊べるキッズスペースのようなところで雪遊びを楽しむのがおすすめです。

一般的な例としては、満4歳からのキンダーレッスン、小学1年生からのジュニアレッスン、いずれもまったく経験がなくても入ることができます。スクールによっては、事前の電話予約で(条件によって)何歳からでもレッスンを受けられるところもあります。

レッスン料はだいたい半日で5,000円、1日で7,000円といったところでしょうか。
1日コースの方がもちろんうんと上達するのですが、小さな子どもの場合はくたくたに疲れてしまうこともあるので、半日は家族で雪遊びをして過ごし(できればその後少し寝てくれるとベター)、午後からの半日レッスンのみという流れでもいいですね。

教室によっては1日中つきっきりでバスの送迎から昼食、リフト券、保険などがセットになって10,000円くらいのコースを実施しているゲレンデもありますよ。

いずれも準備体操や初歩動作、止まる・曲がるなどの基礎からのスタートなので安心です。

スポンサーリンク

慣れてきて上手くできるようになったらパパやママとリフトで少し上まで行って、ゆっくりと降りてくるとことから一緒に始めましょう。

子どもがスノボデビューするときの注意点

まずは安全管理です。
小さな子どもにもしものことが起こらないよう保護者も目を離さないようにしましょう。

言葉の理解のできる年齢まで達しているなら、下記のことは必ず伝えておきましょう。

■人や障害物を避けて滑ること
■コースの中で立ったり座りこんだりしないこと
■勝手に大人から離れて狭い所などへ行かないこと
■侵入禁止、合流注意などの標識には必ず従うこと
■登る時や歩く時はコースの端を利用するようにしておくこと

もちろん子どもに怪我をさせないように見てやることも必要なのですが、子どもが他人に怪我をさせないように見ていることも大切です。
万が一の時に備えてスキー保険への加入も考えてもいいかもしれません。
スキー保険では、最高1億円までの補償を受けられるところもあります。

それから先述もしましたが、子どもにいきなりボードを履かせて滑らせるのは禁物です。
できないのは当然で、転んだり人にぶつかったりして怪我をして、嫌な記憶だけが残るのは避けたいですよね。

最初は家族と一緒に雪合戦をしたり、ソリに乗ったりして雪の楽しさを感じてもらうところから始めましょう。

もちろん体に合ったブーツや道具を選ぶことも大切です。
このあたりもスクールに入ればインストラクターの先生が適切な大きさかどうか見てくれますので、スクールへ入ることはこういった点からもおすすめです。
事前に購入するという人は、必ずお店の人にサイズを見てもらうようにしましょうね。

まとめ

冬ならではのウィンタースポーツ「スノーボード」。
可愛い我が子と一緒に滑りたいパパやママは、事前準備をしっかりとして、まずは雪に慣れるところから始めてあげてくださいね。
想像以上に体力もいりますから、休憩をこまめに挟んで、この冬はぜひぜひ家族でゲレンデの世界を楽しんでください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です