正月太りが戻らない原因って?
リセットは短時間で可能?

やってきましたこの季節。

寒くてただでさえ外に出て行くのが億劫なのに、お餅やお節料理、親戚が集ってお菓子を遅くまで食べたりなんかして、日本人なら誰しも太ってしまう季節なのではないでしょうか。
しかも歳のせいか、三が日を過ぎて元に戻るのは生活リズムだけで体重はそのまま。

今回は比較的短時間で正月太りをリセットする方法を知っていただきたくご紹介します。

スポンサーリンク
  

正月太りが戻らない原因はなんだ?!

個人的な意見としては、せっかくの年末年始、忘年会に新年会にお正月、騒いで食べて飲んで、大賛成です!
(非常識なことはいけませんが…)

子どもも大好きな楽しいお正月が過ぎ、普段の生活が戻ってきたのに、なぜ体重だけは元に戻らないのか…

まず、美味しいものをたくさん食べたことで、普段よりも胃が大きくなってしまったことが原因です。
大きくなってしまった胃袋を満たそうと、食べる量まで増えてしまっているケースが多く、体重はなかなか戻らなくなってしまっています。

食べ物も、お餅や味付けの濃いお節料理が並ぶと、炭水化物の摂取量がどうしても増えて太りやすくなります。
親戚でお菓子を持ち寄ってわいわい食べることもあるでしょう。

そして年が明けると寒さも一段と厳しくなり、体は脂肪を蓄えようと、より頑張ってしまうのです。
体が寒さに耐えるために、年末年始でしっかりと摂ってしまった栄養を脂肪として蓄えているわけです。

太りやすい食事に加え、寝て食べて飲んでの繰り返し。
普段働いている人なら、家でゴロゴロして過ごすことも多いでしょう。
この時期は、誰もが体重が増えてしまう条件がこれ以上ないくらいに揃っています。

食べ過ぎて蓄えてしまった分、それ以上に消費しなければ、自然と元の体重に戻ることはありません。
どうやってリセットするかを考える必要があります。

正月太りをリセットするために

以前履いていたパンツやスカートが明らかにキツくなってしまい、「太ったな…」という自覚はあるものの、体重計に乗らないというのはNGです。
まずは年明け前よりもどれくらい太ったのか、体重計に乗って実際の目で確認してみるところから始めましょう。
どれだけ太ったのか知ることがウォーミングアップとなり、これだけでモチベーションが変わってきます。

どの程度体重が増えたのかを知ったら、まずは食事の方法を変えてみてください。
いきなり激しい運動をして体重を落とす必要はありません。
食事や生活リズムで太ってしまったわけですから、まずはここを見直せばいいのです。
ポイントを3つご紹介します。

■「満腹感」+「栄養素」
スティック野菜やきのこ、海藻類など、適度な噛みごたえのある食材を積極的に選びましょう。
こんにゃくも低カロリーで食事量を抑えることができるのでおすすめです。
仕事に支障を来さないためにもエネルギーは大事ですから、大豆製品や脂身の少ない肉や魚をプラスして栄養素はしっかり補いましょう。
その分炭水化物は控えめに。

■夕食をコントロール
仕事をする上で、朝食と昼食は欠かせませんし、これらを控えて仕事の効率が下がってしまってはいけません。
そこで、夕食を通常の半分にしたり、おかずだけにしたりしてコントロールしてみましょう。炭水化物や糖質を摂りすぎない方法なら自分に合った減らし方で問題ありません。通常の半分のカロリーに減らすことを目標にしてみましょう。

■夜は早く寝る
「夕食コントロール」と連動してきますが、夕食を控えた上で、お腹がすくまえに寝てしまうのです。
何か食べたい気持ちを我慢してストレスを溜めてしまってはいけません。飲み疲れ、食べ疲れの体をしっかり休める意味でも、晩ごはんを食べたら、早めに寝るようにしてください。
胃に負担の少ない食事量に減らしているので、食べてから2時間も3時間も起きている必要はありません。お風呂、歯磨きをしてそのまま就寝でOK。

年末年始に食べる年越しそばやお節料理には塩分が多く含まれます。
これらはむくみの原因になり、さらにお酒も飲むという人は、顔や体がむくむくとむくんでしまい、余計に太ったように見えてしまうでしょう。
これらの解消には塩分とお酒を控えることが大切です。
胃を休ませてあげるためにも、正月明けはお酒は控えて、野菜中心で薄味の健康的な食事を心がけましょう。
野菜に含まれるカリウムは、むくみの解消に効果的です。

スポンサーリンク

糖質の消化や吸収をゆるやかにして脂肪の吸収を抑える「食物繊維」が豊富なきのこや海藻類、「三大栄養素」を言われているビタミンB群を多く含む肉・魚・大豆製品、お腹をきれいにするための野菜、これらは積極的に摂っていきたいところです。

また、食事量を控えるというのは胃への負担軽減の他、血糖値の上昇も緩やかになるので、満腹中枢の働きも正常に行われるようになるというメリットがあります。

余裕があれば、ストレッチやヨガ、ピラティスなどで代謝を上げ、やせやすい体作りをすることもおすすめです。
もっと手軽な方法で言うと、ラジオ体操もいいですよ。なるべく体を大きく動かしてオーバー気味にアクションしてみましょう。
血行も良くなり、冷え性の改善にもつながります。

20分以上の有酸素運動もとても効果的です。
ウォーキングやジョギングも適していますが、寒いので室内で踏み台昇降ダイエットをする、などの方法でもいいでしょう。

正月太りが戻らない、短時間でできることって?

もし、正月太りをできるだけ早く解消したいなら、プチ断食にトライしてはどうでしょうか。

断食と言っても、完全に何も食べないわけではありません。
何も食べない、というのを続けるのはエネルギー不足にもなりますし、胃が大きくなっているお正月明けには苦痛でしかありません。

やはり何も食べないのは口寂しいし、バンバン食べていた年末年始とのギャップが凄すぎてどうにも辛いので、自分でできるどこか可能な1食分を「酵素ドリンク」に置き換える方法をおすすめします。
できれば食べて寝るだけ、の「夜」がいいでしょう。
飲んで空腹を感じる前に寝る。
これを1週間ほど続けるだけで体重は確実に減ります。
夜の食事だけ置き換えればいいのですから、普段働いている人も実行しやすいですよ。

少しお値段は高く、一杯あたりにすると無添加のもので安くても150円くらいするのですが、この「無添加」で良質なものを選ぶ必要があります。
体の中の酵素は添加物によって破壊されますので、酵素ドリンクに添加物が入っていること自体が矛盾しています。
よって、添加物が入っていないかどうかのチェックをしてから買うようにしましょう。

このプチ断食に先述したようなウォーキングやジョギング、ヨガ、踏み台昇降ダイエットなどを加えて、筋肉を減らすことなくリバウンドの可能性も最小限に抑えるのが望ましいでしょう。

まとめ

食事と生活リズムで太ってしまった体は、同じように食事と生活リズムで元に戻す努力をしてみましょう。

栄養価が高くて満腹感を得やすい食材選び、夜は早く寝る、プチ断食、余裕があれば少しの運動。

さあ、今日から実行して以前よりも引き締まった健康的な体を手に入れましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です