子どもにスマホっていつから?
制限やルールを忘れずに!

クリスマスが近づき、子どもから「クリスマスプレゼントにスマホ買って~!」「スマホが欲しいー!」攻撃を受けていませんか(笑)

ネットの影響って良いイメージはないけど、部活や塾に行っていることを考えたり、周りの状況を見てもそろそろ持たせてもいいのかもしれない…
そんな悩める親御さんと、筆者自身のために、スマホを持たせる時期や、持たせるにあったっての注意事項を調査したのでご紹介します。

スポンサーリンク
  

子どもにスマホっていつから持たせる?

小さい子どもさんがいるご家庭への「子どもにいつからスマホを持たせる予定ですか」というとあるアンケート調査では、

1位: 高校生以上 52.9%
2位: 中学1年生 21.6%
3位: 中学3年生 8.8%
4位: 小学4年生~6年生 7.8%
5位: 小学1年生~3年生 4.9%

という結果が出ています。

半数以上の親御さんが「高校生以上」と答えたのにはそうして欲しいという「希望」も含まれていることでしょう。
今や急速なスマホ普及により、「SNSいじめ」「個人情報流出」「ネット、ゲーム、SNS依存」など様々な問題も浮上している時代です。
勉強をおろそかにしてほしくもないし、そういったリスク懸念から、まだ判断力が十分でないと思われる中学生のうちからスマホを持たせるのは早すぎるのでは、と考える保護者の方が多いようです。

料金に関する意見も多く、「自分で稼げるようになってから」と決めているご家庭もあります。
買ったら終わりではないため、毎月のスマホ代も馬鹿にならないことを想定すると、家計にとっては負担となってくるのは避けられません。

しかし、主に防犯上の理由ではスマホを持つことのメリットが大きい場合もあります。
子どもの位置情報が分かるGPS機能の存在などがそれにあたります。
筆者の仲の良い友人でも、GPS機能、家族間での電話とLINEのみ使用できる状態にして母親のおさがりの古いiphoneを小学校入学時に子どもに持たせた人もいます。
ひらがなを早く覚えてくれた、という意外なメリットもありました。
(ひらがなは覚えないと打ち込めないため早く覚えるようですが、漢字はそうではないので注意が必要です)

実際にスマホの所持率としてはどうかというと、小学生38%、中学生は55%、高校生は88%です。

一般的には現代の中学生でスマホを持っているのは半数ほどですので、スマホを持っていないというだけでいじめにはなることはないでしょう。ただし、学校や学年、地域によって差があります。

高校生になるとクラスの連絡網や部活の連絡網がLINEというシステムをとっている学校も増えてくるので、持っていないと不便に感じることもあるかもしれません。

全体では「中学1年生からガラケー」「高校1年生からスマホ」というパターンがよく見られるようです。

しかし、厳しくしつけをしたい保護者は「高校生までガラケーもスマホも買わない」という姿勢をとっていることろもあります。
現代の風潮に流されることなく、本当にお子さんのためになるように厳しくするという方法もありますね。

逆にある程度大きくなってから持たせることにより、依存してしまうことを恐れて早くから持たせる親御さんもいます。

大切なのは、周囲の家庭のお子さんとのバランスよりも、親御さんたち本人が自分の子にスマホを持たせたいかどうかです。

スマホを購入し、毎月の利用料金を支払うのはその保護者です。
しっかりご本人で判断しましょう。

ただし、親もスマホについて勉強し、その「怖さ」を知っておいてください。

自覚のないまま世界中に自分の情報が公開されていること、一度流れた情報は劣化せずコピーが簡単であること、追跡性が高く、個人を特定しやすいこと、時には誤解を招いたり、安易にコミュニケーションが取れることから、うっかり裏社会とつながってしまう可能性など、様々なことを考慮しなくてはいけません。

まずはスマホは通話のみにし、パソコンによるインターネット利用でサイト閲覧を認めるところからスタートするのがいいでしょう。
塾や習い事の送り迎えだけであれば通話ができれば十分なはずです。
それから家でだけはLINEやゲームをしてもOKにする、など少しずつ裾のを広げていって、大人になる準備をしていけるといいですね。

子どもに必要な能力としては、

・保護者との約束や決まりを守れる
・危険なことに出会ったら大人に相談できる
・健康や学習を優先し、節度のある使い方ができる
・個人情報の大切さを知る
・ネット上の危険や誤った情報もあるということを知る

などが挙げられます。
これらを親も子どもも十分に確認して、必要だと判断したタイミングで与えられるといいですね。

子ども用スマホには制限をかけよう

特に小さい子どもさんにスマホを持たせる場合は制限をかけることが必須になるでしょう。

スポンサーリンク

ジュニア向けのスマホとして、深夜の利用制限や、1日に利用可能な時間を決められるもの、通話時間を制限できるものもありますので、そういったものを選ぶようにしましょう。
デザインは大人が持つスマホと変わらない空きのこないものもたくさんあるので、中学生くらいでも問題なく持つことができますよ。

大人がスマホを使うときは「受信型」や「閲覧型」がほとんどです。
それに対し、子どもたちの使い方は「発信型」や「参加型」と正反対。
さらに、スマホは「暇をつぶしたい」「友達の多さを自慢したい」「自由になるお金が欲しい」といった子どもたちの欲求を満たすサービスに溢れているので厄介なのです。

こういった状況からも、携帯やスマホと上手に付き合っていくためには、各家庭でフィルタリング対策(閲覧制限)やルールを設け、ぶれずに守らせることが大事です。
ルールの例については次章でご紹介します。

子どもにスマホを与えるときはルールを決めて!

いつから子どもにスマホを与えるのかに関係なく、スマホを買うならルールを作ることが必要です。

まだ大人になっていない子どもたちは失敗して当たり前ですので、しっかりとルールを事前に作り、その失敗を最小限に抑えることが親の務めでしょう。

ますは、筆者の友人宅が実施しているルールや、ネットや雑誌で調べた色々な家庭で実践されているルールを具体的に紹介します。

・学校ではインターネットは使用禁止(セキュリティも最大に)
(家から離れているので電話機能は使える)
・電話の機能以外を使う時は必ずリビングで
・夜寝る時もスマホはリビングに置いていく
・会員登録やアプリのダウンロードはすべて親がする
・LINEでのいじめや悪口に参加しない
・親が料金を払っているうちは親の所有物だと教える(履歴もメールも見る)
・スマホの本体価格だけでも子供が自分で払う
・21時以降は使用禁止(親に預ける)
・1日の使用時間を事前に決めておく
・写真のアップロードは禁止
・有料コンテンツは禁止(破ると3ヵ月使用禁止)

各家庭によってルールは様々ですが、このような基本的なルールをスマホを購入する前に親子で話し合って決めておきます。
スマホを買う側と使う側、両方の意見が大切なので、ルールを作る時はパパとママだけでなく、必ず子どもにも同席してもらいましょう。
そして、「あなたの使い方次第ではルールを追加する」と伝えておきましょう。
そして、お子さんがスマホの使い方で間違ったことをしたら、その都度、話し合いの場を設け、ルールを改善していけばいいのです。
頭ごなしに否定せずに、まずは経験させて、ダメの理由を一緒になり話し合うことが大切です。
確かに子どもはダメと言われると余計気になるので、結果として隠れてこそこそ…ということにもなりかねません。
いくらルールを作ったところでパソコンもあるので大変な時代ですが、保護者がネット社会に対する認識や知識をきちんと持っていないと子どもを管理するのは不可能です。
ゲームやSNSに関しては、まずは「親と1台を共有して使う」という方法もあります。
参考にしてみてください。

まとめ

1人1台スマホを持つのが当たり前の時代。
「買って!」とねだられることは避けては通れない道かもしれません。

大切なことは、本当に必要なのかどうか考えて本人と話し合い、家族みんながリスクや危険性を知っておくことです。
そしてルールを決め、しっかりとその約束事を守ること、破った場合はペナルティを科すことも必要です。

ネット社会への「慣れ」も大切になってきます。
よく理解して正しく使えるように促していってあげましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です