帰省時の手土産は必要?相場は?
熨斗はどうする?

年末年始は一年の中でも特別な時期です。
義実家へ帰省する人も多くいますね。

そんなときに「手土産」に頭を悩ませたことはありませんか。

その必要性や相場はどのようなものなのか今回探ってみましたので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
  

帰省時の手土産は必要?

常識的に考えて、もちろん!
というのが一般的な意見かもしれませんが、それぞれの親族との関係性によって色々あるでしょう。

親族同士が近くに住んでいて、行ったり来たりと年中顔を合わす関係や、「うちは手土産は要らないから」と事前に釘を刺されている場合も考えられます。
こういったケースは手土産は不要と考えて良いかもしれません。

しかし手土産はあって困るものではないので、結婚後初めての帰省であるなら持っていくのが無難です。
一応カバンには忍ばせておき、必要ない、または(稀ですが)差し出すことによって逆に失礼に値する場合はそのまま持って帰れば良いのです。
義両親から「このような手土産を用意するように」と指示があったり、家によって、さまざまな習わしがあるので、旦那さんを通してさりげなく、そしてしっかりとリサーチしてもらっておくといいでしょう。
確認を怠ってよかれと思って用意した手土産が義両親の苦手なものや、理由があって食べられないものであり、旦那さんの面子を潰してしまう恐れもあるので、やはり事前リサーチは必須です。

選ぶ際は、相手の嗜好や生活の情報を収集して考えることが大事です。
今後のために、義両親に会った際、雑談から好みを探るのもひとつのテクニックです。

手土産にしやすいものは、食べ物や飲み物ですね。
自分の住む地域の名産品や評判のお取り寄せ物もいいでしょう。
派手な箱などで見栄えのするものだとお菓子を囲んだときの話題にもなるのでおすすめです。
年配の方はテレビをよく見る人も多いので、テレビで話題の商品や、誰でも知っている地元の銘菓などがいいですね。

そして義両親の年齢や親せきが集うことを考慮して、小分け可能なもの、日持ちがする物を選びましょう。

選ぶ際に気を付けたいのが、持病があったり健康に大変気を遣っている義両親の場合です。
選べる食材が限られてきますし、逆に失礼になってしまうこともあるので、やはり旦那さんに確認しておきましょう。

渡すときは、「つまらないもの」と卑下せずに、「お好きな○○を見つけたので」「おいしいのでぜひに」など、心を込めて選んだと伝わる言葉を添えると一層良いです。
気に入ってもらえたら「今度もこれにしますね」と定番にすればこちらも毎回の帰省時に楽です。

親戚や近所への手土産が必要かどうかは、義母に必ず確認してぬかりないようにしましょう。
勝手な判断は、義父母や旦那さんに恥をかかせることにつながりかねません。

帰省時の手土産の相場

平均的な金額で言うと価格帯は1000円~3000円と言われています。

お仏壇にお供えするかは義両親が決めます。

安すぎても失礼ですし、逆に高価すぎる物だと次回以降のハードルが上がってしまいますね。
地域や家の習わしによっても異なりますが、夫婦の経済状況や帰省の頻度など、長期的な視点で価格を決定するようにしましょう。

帰省時に持って行ったことのある手土産ジャンルの1位は和菓子だそうです。
年配の方への定番とも言えますね。
一方、もらったら嬉しいジャンル1位は意外と「洋菓子」なのだそう。
ケーキや焼き菓子は案外喜んでもらえることが多いようです。
親戚の小さい子どもさんも集まる場合などはいいですね。

義父は「日本酒」も上位にきますので、お酒好きのお義父さんには是非。
しかし先述したように、持病や体調の確認をお忘れなく。

帰省時の手土産、熨斗はどうする?

盆暮れ正月問わず、帰省した際、義実家などに手土産を渡すのにはちゃんと意味があります。

お盆の場合は、両親にお礼の気持ちや、帰省時にお世話になることへの感謝の気持ちを。
また、お盆ということから、ご先祖様へのお供えの意味もあります。

年末年始に帰省する場合には、この1年間の感謝の気持ちをお歳暮として、手土産を持参します。

手土産の準備だけして安心してしまいそうですが、熨斗について考えたことはありますか。
家族なのだから仰々しくそんなものつけなくても、手土産さえ持参すればOK、というお嫁さんは要注意です(笑)
確かに他の親戚もつけていないし、気心が知れていて普段から手ぶらで来てねと言われるような場合はいらないかもしれません。

スポンサーリンク

しかし家族といっても様々で、一般的には帰省する際の手土産にも、熨斗紙をつけて渡すことがよい、とされています。
義実家から独立した身である、という意識から、この品を改まってお持ち致しました、という意味があるのです。
また、親戚など帰省客の多い場合にも、どの手土産が誰からの物かわかるようにと配慮する意味もあります。

仰々しくされることを良く思わない義両親でなければ熨斗紙もつけて手土産を持参しましょう。

そして、熨斗紙にも種類やマナーがあります。
帰省時の手土産に適しているのし紙は、紅白の紐の「祝い熨斗」になります。
祝い熨斗にも、印刷された紐の結び目などに違いや意味があるので、注意してください。
と言ってもデパートやショッピングモールで店員さんに「帰省の手土産の熨斗」であることを伝えれば適切な準備をしてもらえます。

帰省の時の手土産に使用するのは、紅白の紐が蝶々結びになっている「紅白蝶結び」です。
一般的なお祝い事や、お中元・お歳暮などの贈り物に使います。
「簡単に結び目がほどくことができ、簡単に結び直すこともできる」紅白蝶結びは、何度でも繰り返したい祝い事に使う熨斗紙です。

では、熨斗紙には、何と書けば良いのでしょうか。
分からないので上書きせずにそのまま渡してしまう、なんていうことはないようにしましょう。

熨斗紙をつける、ということは、「格を上げる」意味合いがあります。
何も書かずに無地のまま渡してしまうのは、格上げを略してしまうので矛盾した行為となります。

熨斗紙に書く時には、濃い墨の色で紙の中央、結び目の上に楷書(かいしょ)で、年末年始に帰省する場合には、年末なら「御歳暮」、年始なら「御年始」または「御年賀」。
夏に帰省する場合には、お盆までなら、「暑中お見舞い」お盆が過ぎたら、「残暑見舞い」です。

そして、熨斗紙の下段部分に、上段部分よりも小さな字で通常なら、苗字を書き入れます。
しかし、帰省先では皆同じ苗字の場合もありますよね。
その場合には区別がつくようにフルネームで書きましょう。

また、手土産の他に、お供え用の品を持参した場合には、のし紙ではなく「掛け紙」(弔辞は熨斗をつけない「掛け紙」という黄色と白の水引の印刷がされているものになります)をお忘れなく。

まとめ

細かくなりましたが、帰省の際の手土産にもマナーがあります。
「親しき中にも礼儀あり」と言いますが、まさに手土産はそれをよく表しているのではないでしょうか。。
特に、初めての年末年始の帰省や、離れて暮らしている義両親に会う場では常識をわきまえておきたいですね。

帰省時に「熨斗紙」のついた手土産を自然に渡すことができたらとてもスマートで好感度アップは間違いありませんよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です