お餅の保存は冷凍?水に浸す?
期間はどれくらいもつの?

お正月、みなさんはお餅をたくさん食べましたか。
新年を迎える楽しみのひとつでもあり、そこからしばらくは食卓に出てきて見飽きてしまう存在でもあり…(笑)

そんなお餅ですが、みなさんはどのように保存していますか。
余らせてしまうと、意外とカビもすぐに生えてきてしまうので困りますよね。

今回はお餅の正しい保存の仕方、保存できる期間のご紹介です。

スポンサーリンク
  

お餅の保存って冷凍でOK?

お餅以外の食材でも、長く保存しようと思うと真っ先にイメージするのが「冷凍」ではないでしょうか。

お餅の保存方法として一番おすすめなのがこの「冷凍保存」です。
もちろん冷蔵庫での保存も可能ですが、冷蔵庫や常温での保存だと、お餅はどうしても湿気にやられてしまい、あれよあれよという間にカビが生えてきてしまいます。
冷蔵庫の温度(3℃~6℃)というのは、でんぷん質のものは一番劣化しやすい温度です。
お餅も含めてですが、パンやご飯などを保存する際は、やはり冷凍をお勧めします。

保存方法は、お餅を小分けにしてできるだけ空気に触れさせないように、少量ずつをラップに包んで、さらにそれらをフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて封をしてから冷凍庫に入れます。
こうすることで、におい移りや乾燥などを防ぐことができます。

食べる際は、解凍はせずに凍った状態のまま焼いたり煮たりすればOKなので便利です。
ただし、焼く場合はゆっくりと焼いていかないと表面だけが焦げて、中まで火が通らないということがありますので、その場合は自然解凍させてから焼くようにしてください。
急ぎの場合は電子レンジである程度加熱してから焼くと良いですよ。

一番美味しく焼く方法は、「水に一度くぐらせて、電子レンジで半解凍してから焼く」という方法です。
つきたての味に近づけることができます。

あんこ餅の保存も同じでOKなので、余らせてしまった場合は是非試してみてください。

お餅の保存は「水に漬ける」でも大丈夫?

結論から言って大丈夫です。
お餅の粉を水で洗い落とし、ボールなどの容器に水を張って、その中にお餅を沈めておくという方法で、昔ながらのやり方です。
水が腐ってしまっては意味がないので、毎日水を交換して、できればお餅も洗ってください。
お餅の表面が水面から出ているとカビの原因になるので注意しましょう。たっぷりの水をはってラップをしてくださいね。
そして冷暗所(できれば冷蔵庫)で保存します。

取り出して煮たり蒸したりするとつきたてと同じようになるのでお雑煮やぜんざいなどに使う場合におすすめです。
もちろん焼いて食べることもできますが、水に浸していたのでお餅の表面がドロっとしていてトースターやフライパンにくっついてしまう恐れがあります。

お餅の保存期間ってどれくらい?

ついたお餅を常温で保存するとあっという間にカビが生えてきます。
ですので、常温はたとえ冷暗所であっても避けた方が良いでしょう。
常温での保存期間は1日しか持たないといっても過言ではありません。
大き目のタッパーにお餅を入れて、お皿などのふちに「からし」か「わさび」をひとしぼり(チューブタイプでいうと5cm程度つけて)してラップで密封することによって、カビが生えにくくなります。
暖房のあたらない冷暗所で保存すると2~3日保存がききます。

スポンサーリンク

一番最初に述べた冷凍保存の場合だと、気にしないのであれば数ヶ月から1年程度保存が可能です。
しかし当然ですが、保存期間が長くなればなるほど、風味が落ちていきますので、できれば1ヶ月を目安に食べ切るようにしましょう。

水に浸す方法だと、毎日の水替えを条件に1ヶ月程度はもちます。

そして、個人的にかなり画期的な方法だと思うのが、「使い捨てカイロ」を使った保存方法。
タッパーの中に餅を入れ、それと一緒に封を切ったホッカイロを入れておくとカビを防げるんです!
カビの原因になる酸素を、カイロが吸収してくれる(カイロは鉄と酸素によって暖かくなる仕組み)のでカビの発生を大幅に遅らせられるというものです。
カイロは貼るタイプのもので、タッパ―の蓋の裏などに張り付け、1日1度交換してください。
ちなみにタッパーの中に入る酸素はわずかなので、カイロが熱くなるようなことはありませんし、 冷蔵庫に入れても効果のある方法なのでおすすめです。

まとめ

一番いいのは「買い過ぎないこと」「持ち過ぎないこと」ですが、地域やご家庭によっては、お餅はお正月にたくさんいただいて保存に困ることが毎年のように起こる人も少なくないようです。
長期保存は冷凍庫がおすすめ、冷凍庫が溢れかえっているときは「水餅」で保存してください。

長く保存すると、どうしても味や風味が損なわれてきますので、早めに美味しく食べられるといいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です