イルミネーションの撮影
スマホでも人物をキレイに撮るテクニック

「イルミネーション」は冬の風物詩のひとつと言える時代になったのではないでしょうか。
美しいスポットが全国各地に見られるようになり、今や冬のデートの定番となっています。

綺麗にライトアップされた街を写真に収めてSNSに投稿したい人も多いでしょう。
でも夜のイルミネーションや夜景の撮影は特にスマホのカメラモードでは難しいものです。

今回は知っておくだけで写真をいつもよりキレイに撮れるコツをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  

イルミネーションの撮影、スマホでうまくできるの?

結論から言うと、やはり一眼レフには敵いませんが、スマホでもそこそこキレイに撮れます!

そもそもスマートフォンのカメラにプロのような技術を求めている人は少ないでしょう。
欲張らずに「スマホでそこそこキレイに!」これを目指しましょう。

■「HDR」の活用

イルミネーションの撮影では、明るくなり過ぎたり暗くなり過ぎたりしてしまいます。
そんなときは万能「HDR機能」を使ってみましょう。
HDR機能は、明るい部分と暗い部分のそれぞれ最適に撮影した画像を合成して、綺麗な写真に仕上げてくれる機能です。

HDR機能は画像を合成するため、動きの多い被写体はぶれたような画像になってしまうことがありますので、シャッターを押してからしばらくその状態をキープするのがコツです。
人や物は、できるだけ静止状態の時にパシャリしてください。

Androidスマートフォンには、「シーン」モードや「露出補正」に対応したカメラアプリを搭載した機種も増えています。
シーンモードが搭載されている機種では、夜景モードにして撮影しましょう。

■アプリを使おう

スマホによってはHDRやシーンモードなどがないものも存在します。
そんなときは便利なアプリを使いましょう。
夜景やイルミネーションを美しく撮影できるアプリがありますよ。
「夜景カメラ」や「Camera FV-5 Lite」、「Cortex Camera」などがおすすめです。

イルミネーションの撮影、スマホでも人物をキレイに

人物と一緒に写すイルミネーション撮影で失敗しやすいのが「明るさの調整」です。
キラキラと輝くイルミネーションに合わせてカメラが明るさを調整するため、どうしても人物が暗く写ってしまうのです。
そこで活用したいのがみなさんご存知の「フラッシュ」機能です。
フラッシュをたくことで、人物も明るく写り、全体の明るさのバランスがよくなりますし、背景の暗い部分が強調され、イルミネーションが引き立ちます。

顔を照らすことについては、フラッシュが使えるならそれに越したことありませんが、自撮りをするなら、出来ればインカメラで確認しながら撮りたいですよね。そんな時は、小さいライトを使用したり、2人以上で撮る時はもう1人のスマホのライトを使うと顔が綺麗に撮れますよ。

イルミネーションと人物を一緒に撮影する際は、まばゆい光を背景にして撮るのが一般的ですが、光の位置を少し工夫するだけで、さらに幻想的な写真になります。
ポイントは手前と背後にイルミネーションを入れることです。
植え込みなどに広がる光を人物の手前に入れ、木などの高い位置に施された光を人物の背後に入れます。すると、全体が光に包まれ、ふんわりとした写真に仕上がります。
イルミネーションスポットの光の配置を見ながら写真を撮る工夫をしてみましょう。

イルミネーションの撮影、スマホテクニック

夜景撮影の失敗例としては、

・フラッシュをたいたら真っ暗になった
・写真がブレブレ
・背景が写っていない

スポンサーリンク

というものが多いでしょう。
キレイな景色に感動して写真を撮ったのに、後から写真を見直して「なんじゃこりゃ!」という経験はありませんか。

そんなときの解決策はコチラ

・フラッシュをOFFにする
・スマホを固定する
・スイッチの遠隔操作

先ほどフラッシュはたいた方が良いとお伝えしましたが、例外もあります。
フラッシュをたかないと、「たいたら真っ暗」「背景が写っていない」という悩みは解消されますし、人物の顔も真っ白にとんでしまうことも防げます。
スマホを固定することで「写真がブレている」のも解決できますよ。
100円ショップでも気軽に購入できる「スマホ三脚」を利用するといいでしょう。大型スマホを挟んで固定できるアイテムは雑貨屋さんやインターネットでも簡単に手に入りますのでこれらを使うのもおすすめです。(イルミネーションスポットによっては三脚禁止のところもあるので)
「スイッチの遠隔操作」というのは、スマホのシャッターを遠隔操作で押せるスイッチやアプリを利用するということです。
ピントを合わせたつもりでも手で押してブレてしまったり、シャッターチャンスを逃さない為にとっても便利な機能です。
この遠隔スイッチやアプリなどは購入したり、自分でインストールすれば手に入ります。
スマホによっては「チーズ」や「撮影」と声をかけたり、自撮りなら手のひらを向けるだけで、シャッターがパシャッとおりるものもありますのでぜひ一度チェックを。

また、「テクニック」と言えるのか微妙ですが、知っておくといい情報として、イルミネーションや夜景は環境的にも「秋から冬にかけて」が最適だそうです。モヤが少なく空気が澄んでいて、クリアに撮れる寒い季節がピッタリというわけです。
そして、これらを撮影するのに適した時間帯というのがあり、16時半から日付が変わる0時までの時間がベストなのです。
16時から18時台はあまり「夜景」のイメージがありませんが、空が適度に明るくて景色を写すには最適な時間帯なのです。

おわりに

いかがでしょうか。
ちょっと知っておくだけでも美しいイルミネーションや夜景を写真に収められる確率がぐんと上がるテクニック、ぜひ試してみてください。
今年の冬は、イルミネーションも思い出も、スマートフォンでしっかり残しておきましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です