クリスマス、一人の過ごし方How to
贅沢に楽しむ方法

ハロウィンが終わると、リースやツリー、サンタ、長靴のモニュメントと街は一気にクリスマスムードに突入します。

楽しそうに歩いているカップルや家族連れ、そんな風景を見るだけでげんなり…
なんていう人に!

何度もクリぼっち(お一人様クリスマス)を経験した筆者が(笑)、なんとかうまく寂しい気持ちをごまかしたり自分を言い聞かせたりしながら過ごしてきたクリスマスの乗り切り方をご紹介します。

クリスマス、一人でも案外楽しめるものです。

スポンサーリンク
  

クリスマス、一人の過ごし方

美しく、楽しく軽やかなネオンや音色が街中をクリスマス一色となる季節。
独り身の心はセンチメンタルに染まります。
世の中のカップル、いっそのこと皆死んでしまえ、とさえ思ってしまう…そんな自分が嫌になる…
そう感じてしまうのも無理はありませんし、筆者もかつてそう感じたことが何度もあります。
何度もですよ(笑)

しかし、クリスマスは恋人とロマンチックに過ごさなければいけない、なんていう決まりはありません。
そもそも日本では恋人と過ごす、という風潮がありすぎます。
過ごし方は皆それぞれで同じである必要はないのです。

そんなの分かっててもイラつくんだよ!
―はい、その気持ちも痛いほどよく分かります。

でもまだクリスマスまでには時間がありますよね。

「今から恋人を作りに専念する」
「しっとりと大人のバーに行ってマスターに話を聞いてもらう」
「買い物三昧して楽しむ」
「思い切って旅行に行ってみる」
「今年は仕事に没頭して上司を見返す」

どうですか。
受け身のまま「どうせ今年は(も)一人だし…」と決めつけて殻に籠ってしまうと、クリスマス=一人で寂しく過ごす
という選択肢しか見えてきませんが、意外にも考え方と行動力によっては充実した時間を過ごすことができるのです。

嫌だ嫌だとクリスマスと向き合うことを辞めるのではなく、いくつかの選択肢を考えてみて、それを実行するために今から行動に移してみましょう。

恋人と別れたばかりでかなり凹んでいてそんな気分になれない人は、いっそのことクリスマスにどん底まで凹んで人生のどん底を見てみるのもいいかもしれません。
どん底まで落ちれば、あとは上がっていくだけ。
クリスマスが過ぎると少しは気持ちが前向きになるはずです。
これ、お金もかからないし結構オススメですよ。

クリスマスを一人で贅沢に

一人で過ごすクリスマスを、どんな場所でも楽しめるかどうか、はあなた次第です。

捉え方によったら、恋人がいないわけですから、無駄な出費をしなくてもいいわけです。
お金はすべて自分に使うことができます。

高級なケーキとシャンパンを買って、お気に入りの音楽を聴きながら時間をかけて楽しむ。
オシャレをして外出し、一日買い物に没頭して高価なものも買ってみる。
エステや美容室に行ってリフレッシュ。

贅沢に過ごして身も心もリフレッシュすることは、来年のクリスマスをロマンチックに恋人と過ごすための自分への投資になります。

友達のクリスマスの予定を羨むことなどありません。
あなたはあなたです。

クリぼっちを何度も経験した筆者からすると、一人だとつまらないと思いがちですが、 気の合わない人と過ごすよりずっと贅沢です。
誰かと喧嘩することもなく、別れ話をすることもなく、贅沢に自分のために使える時間です。

部屋をきれいにして、美味しいもの買ってきて、CDやDVDなどを準備して、夜はそれを楽しみながらごちそう食べるなんて、今の自分からしたらなんて贅沢!という感じです。

スポンサーリンク

ライトアップされた街並みをドライブするのもいいでしょう。
お金に余裕があれば、日帰りで温泉旅行なんていうのも素敵です。

クリスマス、一人でも楽しむ方法

そもそも「クリスマスを一人でも楽しむ方法」を考えなければいけないのが悲しいですよね。
「クリスマスに家族やひとりで過ごすことが当たり前」のアメリカなどの国と違い、「クリスマスを家族や一人で過ごす=寂しい奴」というレッテルを貼られやすいのが日本です。

ただ、いくら強がってもやっぱり愛する誰かと一緒に過ごしたい、と思ってしまうのも心情です。
しかし、「クリぼっち」という言葉が生まれてしまうくらいセンチメンタルな気持ちにさせてしまうのは、そうした日本のムードによるものだと思っておいた方がいいでしょう。
恋人同士で過ごすカップルの方が、逆に日本の経済や商業施設に踊らされているのです。(強がり(笑))

「クリぼっちを」どのようにとらえるかは人それぞれですが、先述したとおり、どうせ一人だし、という気持ちでクリスマスを迎えることはおすすめしません。
一人で過ごすと決めたなら、その時間を存分に楽しめるよう計画を立てて実行してみることです。

そして、「やっぱり誰かと楽しく過ごせたらいいな」と思う気持ちがあるのならば、クリスマスだって絶好のチャンスです。
クリぼっちを過ごす予定なのはなにもあなただけではありません。
独身男女の半数以上がクリスマスを一人で過ごしている人だということをご存知でしょうか。
こんな時代ですから、カフェやバーに足を運んでみると、意外と一人でしっとりとお酒を飲んでいたり、美味しいものを食べている異性がいるかもしれません。
クリスマスに新たな出会いがあるなんて、何よりのプレゼントですね。
誰かと過ごしたい気持ちのある人は、是非オシャレをして出かけてみましょう。

まとめ

いかがでしょう。
考え方によっては一人でも有意義なクリスマスの楽しみ方はたくさんあります。
個人的には家族を持てたことは幸せですが、旦那さんは仕事だし、子どもを喜ばせることに重点を置いた「母であるクリスマス」。
一人でゆったりと過ごせるクリスマスに憧れる今日この頃です。
「クリぼっち」いいではないですか。
是非有意義に過ごしてください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です