お彼岸って一体何?
いつどんなことをするの?

「お彼岸」(おひがん)という言葉は聞いたことがある人が多いでしょう。

でも一体何をする日なのでしょうか。

知らず知らずのうちに過ぎてしまい、義実家から白い目で見られることのないよう(笑)どんな行事なのかぐらいは頭の隅に置いておきましょう。

スポンサーリンク
  

お彼岸って何?!

「春分の日」と「秋分の日」は、お彼岸の中日(ちゅうにち)にあたります。
「春分の日」は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、「秋分の日」は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、国民の祝日に定められています。

仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界(ご先祖様のいる世界)である「極楽」(ごくらく)のことを「彼岸」(ひがん)、その反対にある迷いや煩悩に満ちた世界(いま私たちが生きているこの世界)を「此岸」(しがん)と呼んでいます。

「彼岸」は、西に位置し、「此岸」は、東に位置するとされています。
3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになることから、彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになりました。
この世とあの世が最も近づく日とされ、ご先祖様の供養に良いとされたのです。

「お彼岸」そのものの風習に関しては、日本を除く他の仏教国には同じ行事がないことから、日本独自のもの、という説が有力となっています。

お彼岸って決まった日があるの?

お彼岸の期間は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせたそれぞれ計7日間です。春分の日は毎年3月20日頃、秋分の日は9月22日頃で、それぞれその年によって変動します。
それぞれの初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、春分の日・秋分の日を「中日(なかび・ちゅうにち)」といいます。

2017年のお彼岸

【 春彼岸 】 
3月17日(金):彼岸入り
3月20日(月):彼岸の中日(=春分の日。祝日)
3月23日(木):彼岸明け

【 秋彼岸 】 
9月20日(水):彼岸入り
9月23日(土):彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月26日(火):彼岸明け

春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼び分けることもあります。
それぞれ7日間ありますが、「いつお墓参りに行かなければならない!」という決まりはありません。
ただし、時間帯は午前中に行くのが一般的です。

お彼岸には何をする?

お彼岸では、お盆の時のような特に決まった行事や飾りつけをすることはありませんが、一般的には中日の前後にお墓まいりに行きます。
お彼岸の期間の7日間は、中日がご先祖さまに感謝する日、その前後の6日間は、人が生きていく上で良いことと悪いことをきちんと判断し、正しい行いができるようになるための6つの行い(1.分け与える、2.規律を守る、3.怒りをすてる、4.努力する、5.心を安定させる、6.智慧(ちえ)をあらわす)を1日に1つずつ行う大切な期間です。
ご先祖様への感謝の気持ちをもって、普段の生活の中では、正しい行いをするように心がけてみましょう。

スポンサーリンク

お墓は、ご先祖さまが眠るとても大事な場所です。
お彼岸の期間には、家族みんなでお墓まいりに行き、大切に守っていきたいものです。
が、もちろん実家が遠方であったり、仕事や家庭の事情でなかなかそうはいかないところも多いでしょう。
その場合は、お仏壇がある家庭ではお仏壇にお線香を手向けて手を合わせるだけでも構いません。
お墓参りは一年中できますので、お彼岸期間以外でも帰省したときに行ってご先祖様にご挨拶すれば良いのです。
大切なことは、ご先祖様を敬う気持ちです。

もしお墓参りに行くのが可能であれば、お墓の掃除をしましょう。
墓石を洗い、雑草をぬくなどしてお墓のまわりをきれいにし、お花やお線香をお供えします。その後、ご先祖さまに生まれてきたことを感謝し、最近の出来事や自身の近状などをたくさんお話しするようにしてみましょう。
お家に仏壇がある場合は、仏壇や仏具もきれいに掃除し、おはぎや季節の果物などをお供えするのが一般的です。

ご先祖様が家に帰ってくるのをお迎えして供養するお盆とは少し違って、お彼岸ではご先祖様を招くことはせず、自らがご先祖様を敬います。そして、上記で述べた日頃の自分の6つの行いである「六派羅蜜」を実線できているかどうかを見つめ直す期間でもあるのです。

まとめ

お彼岸は、仏教の教えが日本独自で発展していった独特の風習です。

共働きの家庭も増え、日々慌ただしく過ぎていってしまう、という家庭も多いと思いますが、このお彼岸の時期だけでも心をご先祖様に向け、敬いの気持ちや日頃の感謝の心を持って過ごすことができるといいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です