ミニオンで英語

今夏大大大ヒットとなった「怪盗グル―」シリーズ第4弾「怪盗グル―のミニオン大脱走」。

今回は映画ミニオンズシリーズより、「怪盗グル―の月泥棒」を拝借して、使える&教科書では学べない英語フレーズをご紹介。
どれも超短くて覚えやすいものをピックアップしました!

実は子ども向けの映画には使えるネイティブ表現がいっぱい!
しかもあまり下品な言葉や暴力的な言葉は使われていないので、本当に日常で気軽に使えるフレーズが多いのです。

それでは早速、
Here we go!

スポンサーリンク
  

映画「ミニオンシリーズ」から英語を学ぼう


Hold on. Easy, little boy.
動かないで、いい子だね。

立ち入り禁止区に入った少年への言葉。
Easyは「簡単」という意味もそうですが、小さい子や動物に「動かないで」「落ち着いて」という意味合いでもよく使われます。

There he goes.
やっぱりね。

結局言うことを聞かなかった少年は禁止区から地面に真っ逆さまなのですが、そのときに使われたのがこの表現。
Tere you go 「ほらね」「言わんこっちゃない」など。受け手が誰かによって人称が変わります。

It’s all over the news.
ニュースを見ろ。

ドクターネファリオがピラミッドを盗んだ犯人のことをグル―に知らせるシーン。
実にシンプルな単語で端的です。all over the news でニュースの話題を独り占めしていることがよく伝わってきます。
簡単な単語だけど、知らないと出てこない表現ですね。

Minions, assemble!
ミニオン、集合!

いよいよミニオンたちの登場です。グル―が召集をかけるシーン。

Suckers!
バーカ

使わない方が無難な単語でしょうが、ミニオンが縮ませ光線銃を盗んだときに発する一言。
suckerはむかつく奴のことです。

Light bulb.
ひらめいたもんね。

グル―が3姉妹を利用してやろうとひらめいたときの表現。
電球がONになった様子が伝わる絶妙のフレーズ。恐らくlight とrightをかけているのでしょう。

Beddie-bye.
おねむの時間だよ。

グル―が娘たちを寝かしつける場面。
bed good bye の略で、小さい子どもに対して使う表現です。

pins and needles
ものすごく楽しみ

アグネスがグル―にバレエ発表会のチケットを渡したときのシーン。
ピンや針でピリピリと痺れるくらい楽しみだということ。(この場面では本当に楽しみという意味ではなく、皮肉った表現)

warm up suit
ジャージ

アグネスがベクターの服装を見てなぜジャージなのかと尋ねるシーン。
英語で「ジャージ」は通じません。

fluffy unicorn
ふわふわのユニコーン

スーパーファンランドで大好きなユニコーンのぬいぐるみを見つけたときのアグネスのフレーズ。
fluffyっていかにもふわっふわってかんじの響きですね。

I’m gonna die!
死ぬほどカワイイ!

上に続けてアグネスのこの表現。
可愛すぎて死ぬー!ってかんじです。

That was awesome!
めっちゃキメたね。

景品をゲットしたグル―にマーゴがこの一言。
awesoneは子どもから大人まで超超頻出単語です。
「wonderful」や「fantastic」などが聞きなれた表現かもしれませんが、awesomeがすっと出てくるとネイティブっぽいです。

Victor was my nerd name.
ビクターはダサいボク。

ビクターからベクターに改名したベクターが父親に放ったセリフ。
nerdは「マヌケ」。

Pretty please.
おねが~い。

アグネスが絵本を読んで欲しいとグル―に頼むときの表現。
主に子どもが大人に向けて使います。

Zip it. Happy meal.
黙れ。おチビ。

ベクターが捕まえた3姉妹に言ったセリフ。
Happy mealとは面白い表現ですね。アメリカではマクドナルドのハッピーセットのことなんです。

little punk
クズ

娘をさらわれたグル―も黙っていません。ベクターに向けてこのセリフ。
青二才という意味です。

Oh, poop.
ムカつく

元通りになった月と一緒に宇宙に連れて来られたベクターの一言。
通常であればshitを使いそうですが、子ども向けの映画のため表現を和らげたのでしょう。
「ばか」「まぬけ」などの意味があります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。
他にもご紹介したい表現はたくさんありますが、短い表現で簡単に覚えられる&面白い使い方をしているな、というものをまとめてみました。
海外のドラマや映画、音楽からは本当にたくさんの生きた表現が学べます。
みなさんもお気に入りの作品を見つけてじっくり英語を聞いてみてください。
たとえ一本の映画でも立派な教科書。使える表現は山のようにありますよ。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です